人の一生は・・・・

  • 代表 かめさん
  • 2012/12/05 14:03:44

今朝、聞いた「中村勘三郎」さんの訃報は、びっくりでした。

今日の出来事。


襲名後、縁のある岡山の神社の参拝されていたので、親近感がよりあった方でもありました。

歌舞伎界を牽引されてこられ、日本文化、芸能の継承をされて今日がある人だと思います。


人柄もテレビという枠の中からでさえ、にじみ出てくるものは、「人格」「品位」

「優しさ」とかいう「日本人ならではのよさ」を体現しているような感じでした。


芸に厳しく、自らにも厳しくして、なおかつ、人には優しい人柄は多くの人を魅了し続けてきた人でした。だからこそ、多くの知人、友人に恵まれていただろうし、歌舞伎の新しい挑戦も成功していったのでしょう。


失いつつある、日本人の品性を現していた文化継承者であった中村勘三郎さん。さみしいなあ。しかし、為すべき役割は、他へ継承されていったことは間違いないことでしょう。歌舞伎の伝承や文化、精神、また日本文化や魂は、この続きをきっと誰かに引き継がれていたのは間違いありません。


勘三郎さんがしようとしていたことも含め、次世代に引き継がれていると。

この世で果たすべき、役割をきっと果たしていたからこその今日のニュースだろう。


人の一生は、いつどうなるかわからないものです。年齢、性別に関係なく、咄嗟の事故もあれば病気もある。


ならば、今しなければならないことを早く見つけて、為す遂げる努力をしていったほうが後悔はないのかもしれません。


もっとも反対の生き方は、毎日を惰性に流されて過ごすこと、目的もなく、健康への感謝もなく、生きていくことほど後悔するものはありません。




しっかりとした人生の目的を見据えて、為すべき努力をしていきたいものです。

人格形成とその目的にむかって。





※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「人の一生は・・・・(http://ameblo.jp/kamesan-dream/entry-11420516281.html)」

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/256588