甲状腺ホルモンが不足する! 「橋本病」

  • 代表 かめさん
  • 2014/10/30 11:10:34

生命保険の仕事をしていると時折「橋本病」の方に出会うことがあります。
生命保険では「診査」がありますからね。

告知扱いでもできる保険もありますし、医師の診査が必要な場合もありますが。

今日はその「橋本病」についてまとめておこうと思います。

橋本病は、甲状腺に慢性の炎症が起きる病気であり「慢性甲状腺炎」とも呼ばれることがあります。

圧倒的に女性に多い病気。なんと男性の30倍とも言われています。特に30~50歳代での発症が目立つようです。

橋本病・・・1912年にこの病気について初めて論文を発表した橋本策博士の名前に因んで名前がつきました。橋本というなまえから「日本」だけの病気と思われていますが、世界でみられる病気です。

バセドウ病と同じく免疫の働きに異常が生じておこる自己免疫疾患です。

なんらかの原因で体の免疫細胞が甲状腺の細胞内にあるタンパク質成分を異物として認識し自己抗体を作ります。

そしてこの抗体によって、甲状腺が刺激されるために炎症が起きるのです。

症状・・・1、首の腫れ2、体温低下、体の冷え3、むくみ 4、徐脈 5、意欲の低下、6、 その他(脂質異常症の恐れ、強い疲労感、眠気、便秘、抜け毛、皮膚の乾燥、月経不順など)


検査と治療については次回に。


※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「甲状腺ホルモンが不足する! 「橋本病」(http://ameblo.jp/kamesan-dream/entry-11945829125.html)」

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/267408