いまや、国民病ともいえる「がん」。日本人の死因のトップです。

しかしながら、医学も進歩している現代、早期発見、早期治療によって適切な治療ができれば、生存率は上がります。


病院でがん宣告されるときは、言葉に言い尽くされぬほどの精神的ショックをうけます。まずは、一旦、気持ちを整理する時間を作りたいものです。


落ち着いて、自分の治療を選択する時間があっても十分間に合います。


まず、ご家族も心配でいろいろなインターネットサイトを検索したり、書籍で調べることもあるかと思います。やみくもに調べてもかえってパニックになることもあります。


そこでいくつかのコツをまとめておきます。


○検索上位が正しい情報とは限らない


インターネットを当たり前に使う現代において、その気にいくらでも情報を手にすることができます。

しかし医療の専門でない一般の人は、「どうしても治したい」という気持ちから

「絶対、治る」というキーワードで検索しがちです。


そうすると、どうなるか。場合によっては、その気持ちを利用した間違ったサイトへ誘導される恐れがあります。心理的にも落ち着きをなくしていることから、それが正確な情報とは限らないかもしれません。

おびただしい情報の中から、正しいサイトにたどり着くのは、困難といえます。


検索上位にあるサイトが、営利目的だったり、スポンサーサイトであったりするので注意が必要です。


○同じ名称のがんでの人によって異なります。


今まででよかったサイトは、「がん情報サイト」や国立がんセンターによる「がん情報サービス」です。よくコンテンツができていて「がん情報」の宝庫です。

でも実際には、がん患者の闘病記や体験談のほうがアクセスが多いようです。

他人の体験は参考になりますが、自分のがん治療に当てはまるという科学的根拠はありません。

同じ肺がんでも、その人の既往歴や部位などから治療法も違ってくるからです。

「患者さんの数だけ、がんがある」という認識をもっておきましょう。


○正しい情報は、がんになる前に知ることが大事


がんは初期治療が大事です。最初に間違った治療法を選択すると、あとから取り返しのきかないことになります。

早期発見できても、きちんとした治療を受けなければ意味がありません。

がんと宣告された患者さんは、ほとんどパニックに陥り、正しい判断ができない状況です。

ですので、健康なうちに正しい情報をしることが重要になってきます。

今では、2人に1人ががんになる時代。

自分ががんにならなくても、家族や自分の家族や大切な人ががんにならないともかぎりません。

そんなとき正しい情報が役に立ちます。


おススメサイト→『がん情報サイト』http://cancerinfo.tri-kobe.org/


『がん情報サービス』http://ganjoho.ncc.go.jp/

『医療情報サービスMinds』http://minds.jcqhc.or.jp/



その他、国内で販売している「がん保険」にも似たようなサービスが付帯されていることがあります。


たとえば、アフラックのプレミアサービスでは、がんと宣告された既契約者にたいして、がん専門のカウンセラーが相談にのり、治療についての情報アドバイスをするものやメットライフでは、セカンドオピニオンサービスも付帯されています。総合相談医が治療についての情報アドバイスを行い、場合によっては優秀専門医を紹介してくれるものもあります。


「がん」についての情報は、何もないときから知っておくと、自分だけでなく、家族のためにも役に立つことは間違いありません。


間違った情報や考えに惑わされることなく、確かな情報を手に入れてください。



※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「『がんになってしまったときの情報検索のコツ!!』(http://ameblo.jp/kamesan-dream/entry-11987994743.html)」

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/268882