【保険のお仕事】Vol.14

  • 代表 かめさん
  • 2015/3/02 12:52:58

おはようございます。長崎は『よか』天気です。


早、乗合代理店として3年目を迎えようとしています。


直近で委託契約した生命保険会社は、あのキャラクターを出している外資系保険会社です。


真面目な社員が多い「マジメン」です。

社内のシステムも新しいとこ、古ーいなあと感じるところもありますが、人材はいいと感じます。


でも顧客側からすると、どうもイメージがよくないらしい。


「●●●って、信用できない。」


「CM見ているけど、なんか信じられない」


「ちゃんと保険支払ってるの」


とか、


挙句の果てには、


長い付き合いの人でも、


「手数料がいいから、この会社を進めてるんでしょ!」っていわれるまで。


ああ、そういう目でずっと私を見ていたんだとがっかりしました。


代理店経営をしてるのだし、何の会社の保証なんてないのだから、計画的にしないといけないし、費用だって考えるのは大事です。

でも、提案するにあたり、ちゃんとメリット、デメリットはその都度説明しますし、扱う側からみて、お客様のニーズに合うものを提示しているだけのこと。


仕事だから、ボランティアじゃないけど、そう心がけで仕事をしているのでありますが。


お客様にとっても、代理店にとっても、保険会社にとっても、WIn=wInの関係を作ることを意識しています。


お客様都合で代理店経営が破たんしてもおかしいし、代理店都合でお客様の負担を増やしてもいけない。


ほんのわずかな手数料の差で、提案する内容、信念をまげるわけない。


きちんと、保険料を失効することなく、意見を言われるのであれば、納得するけど、毎月の支払も不安定で、まして決断して加入した保険会社のことをあることないこと棚にあげて批判するのには、どうかなと思うのです。


不利益を被った、未払いがあったとかそういうことが多発したのであれば、100%保険会社、代理店の責任もあるだろうけど。


たんなる『風評』を流して、批判するのだけはやめてほしいものであります。



※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「【保険のお仕事】Vol.14(http://ameblo.jp/kamesan-dream/entry-11996395841.html)」

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/269210