自然災害に備えて、備えて、活用する方法

  • 代表 かめさん
  • 2015/7/21 11:55:48

やはり自然災害は増えているように思えてなりません。

台風による風災、大雨による水災。


昨今の異常気象は、もはや異常でなくなってきているようにも思います。


その被害を最小限にするための、保険。


被害を補填する保険。


代表されるのは、


民間の「火災保険」かもしれません。


じょじょに常識となってきている火災保険の補償範囲。

詳しいこと聞いたことありますか。


ほとんどは、住宅購入時に銀行などの借入とセットになって詳しいことも聞いているようでほとんど忘れているのではないでしょうか。


風災や水災を補償しているのも「火災保険」です。


自然災害が増えてきているので、保険会社、代理店も積極的ではないかもしれません。


しかも、申請はいつでもできます。被災して、申請まで、何年という時効があります。瓦が破損して修繕した瓦工事、もしかして、「アレは、自然災害だったかも・・・」という場合でも申請ができます。


家屋の修繕は小さい被害のときにしておきたいものです。

大きな台風がきたら、被害が大きくなりますし、命にも係わります。


大きな被害が来る前に修繕しておくべきです。


火災保険に詳しい業者に。


資金面でのアドバイスができ、申請の仕方まで教えてくれます。もしかしたら、百万単位もする修繕費が「なんとかなるかもしれません。」


→もしものための、火災保険申請アドバイスを無料で受けるアドレス。


mercyquest25@gmail.com


マーシークエスト 代表 本村 寛記


件名:被災申請について教えて。


折り返し返信します。


日頃は生命保険代理店、セミナー、ライター、代理店開発など手がけています。この方法は、賢い人であれば、すぐ理解し、実行できる簡単な方法です。


mercyquest25@gmail.com


県内、近県であれば、出向いて説明します。


高額商品の押し売り、サービスの押しつけ一切なし。

説明だけのボランティアみたいなものです。(笑)


複数人集まっていただければ、ミニ説明会、セミナー無料でします。





※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「自然災害に備えて、備えて、活用する方法(http://ameblo.jp/kamesan-dream/entry-12052912103.html)」

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/271033