• 34件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

28/9/2012

SNS流行につぶやく???

  • 代表 かめさん
  • 2012/9/28 18:51:51

IT技術の進歩によって、手軽に利用できるようになった現代。FBやツイッターなどの流行は世界中で起こっています。
いまや国家体制をも動かすような勢いです。世界をみると。
個人が情報を発信し、受信し、あふれんばかりの情報に浸かっています。個人が持つ情報量って、思う以上にあるんだなあって感じます。
反面、これだけ多くの人たちが利用して、「つぶやく」という行為をしているのをみると、どれだけ話したいことがある…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
このブログは、お客様への定期新聞や手紙のつもりではじめてみたものです。それがいつの間にか、健康情報はじめ、コラム、自己啓発などのテーマが増えて現在に至ります。
少しでも、生きる「ヒント」になればとの思いで・・・。
日本の人口動態統計(2011)をみてみると、出生率は前年より、2万606人減少、死亡数126万人で前年より増加しています。死因原因は、がんで全死亡者に占める割合は、28,5%でおよそ、3…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/9/2012

掲載物件数、日本最大級! まとめて問い合わせ可。今なら来場で2千円もらえる。
Ads by Trend Match



※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

借家くらしの「かめさんち!!」

  • 代表 かめさん
  • 2012/9/27 09:03:23

今住んでいる家、何年目? ブログネタ:今住んでいる家、何年目? 参加中
本文はここから
もう、この借家にくらしはじめて9年経ちます。
結構長いなあ~。雑誌で近隣のアパートや借家を調べて見つけた物件でした。家賃もそこそこ安い!!駐車場もある。買い物も便利かな。
一戸建ての借家でした。庭があって、眺めもいい、日当たりもいい。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

C型肝炎について

  • 代表 かめさん
  • 2012/9/27 08:56:20

扱っている『がん保険』では加入が難しい病気です。
今まで、2人該当する方がいましたが、残念でしかたありませんでした。
この『C型肝炎』まとめてみました。
ウイルス性肝炎の70%を占めるC型肝炎は主に、血液を介して感染します。
感染の原因としては、1992年以前の輸血や血液製剤の投与、覚せい剤の打ちまわし、感染者とカミソリや歯ブラシを共有するなどがあげられます。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/9/2012

口の軽いは・・・・。

  • 代表 かめさん
  • 2012/9/26 12:37:47

「ここだけの話だけど・・・」といった話が次の日には広がっていて立場がなかったことがありませんか。
内緒の話で!とお願いしたところ、その内緒の話が、内緒の話で広がっていく連鎖。
実に怖いものであります。
それが尾ひれがついて、大きな話になっていることがあります。
内緒の話はしないにかぎる(笑)。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/9/2012

情報の質、量、スピード。今、あなたは、試されている。
Ads by Trend Match



※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

9月17日〜9月23日に投稿したなう

  • 代表 かめさん
  • 2012/9/24 12:29:00

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/9/2012

この国に生まれて・・・限定記事として

  • 代表 かめさん
  • 2012/9/20 19:04:56

アメンバー限定公開記事です。

※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「この国に生まれて・・・限定記事として(http://secret.ameba.jp/kamesan-dream/amemberentry-11359713310.html)」

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

肝臓について

  • 代表 かめさん
  • 2012/9/20 18:51:00

肝臓では、500以上の化学反応を起こし、私たちの命を支えてくれる重要な臓器でよく、生体の化学工場の例えられています。
毎日、もくもくと休むことなく働き続け多少無理をしても痛みなどでにくく
「沈黙の臓器」
と呼ばれています。そのため、自覚症状がでたときは、病気が進行していたというケースが多いのです。
しかし、現在では、20年前に比べ効率の良い専門的な治療を受けられるようになっています。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 34件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ