2017青太 その1

  • ひろりん
  • 2017/12/13 09:52:53

昨年はレース2週前に右ハムの肉離れを起こし、ファンランでした。今年の記録は、それを除くと青太ワースト。 

悲しいかな、衰えを感じます。涙 

今年は故障しない様、あまりスピードを出して走らなかったためか、レースでの余裕度があまりなかったように思います。

今まで、k4分半ぐらいのペースは楽勝だと思っていたのですが、今回はそうでもありませんでした。

スタート後、スタートラインまで約30秒かかります。その後、2k付近までは集団がばらけるまでゆっくり走行。少しずつペースを上げてフルマラソンペースに。k4分半ぐらいで行こうかなと思っていましたが、時計を見るとペースが4,5秒遅いことに気付きます。これでもう少しペースを上げるときついかなと思いました。スピードがなくなってきているのですね。

宮崎IC入り口の少し手前の7,8k付近だったでしょうか、先行していたもちもちさんに追いつきました。一言二言、言葉を交わして先に行きます。その後、折り返し等のすれ違いでは、もちもちさんには気付きませんでした。

このままのペースで押して行ければいいなと思いながら走っていました。
中間点が1°37′27″ 。
このままだと3時間15分も切れないなとちょっと悲しくなりましたが、まさか20分を切れないとは…。泣き顔 

その後は、もちもちさんに追いつかれない様に頑張ろうと決めます。kあたり10秒ぐらいは自分が速く走っているだろうから、青島を折り返してからが勝負だと思っていました。

25~30kのラップが 22′48″ 。まだまだ頑張れるぞと思っていました。35kまでのラップが23′46″ 。そこからが地獄。36k付近からエネルギー切れで足が動かなくなりました。もちもちさんはまだまだ後だろうと思っていたのですが、青島の折り返しあたりの37k付近で抜き返されてしまいました。
万事休す。

そこからの5kの長かった事…。
以前の延岡の時の様に、胃がむかむかして吐き気がします。お腹は空腹。40kまでのラップが27′00″とペースが遅かったので寒さもこたえました。
寒いレースでエネルギー切れを起こすとこういった症状が出るようです。軽い低体温症でしょうか。体温を上げようにも体にエネルギーが残っていないので、もうどうにもならないのでしょうね。
人間の体はよくできています。もう無理するなと言ってきます。

その2に続く。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/280183