1番ほしかった「もの」は年齢

  • 堀江ひとみ
  • 2010/3/29 23:04:02

3月、私の誕生月でもあります。プレゼントでいただいた花束が、満開になりました。

 年齢を重ねることに私は、特別の想いがあります。
32歳で長崎市議になった頃のことです。同じ会派の先輩男性議員が発言すると、納得する「議場」が、同じ内容なのに私が発言すると、動議がでて議事がストップしました。

 議員は平等なのに、そうではない場面を、少なくなく体験しました。
その頃の私が一番ほしかった「もの」が、年齢でした。

 それから多くの経験をし、発言の内容で判断して頂ける年齢になりました。

 女性は年齢を重ねることを嫌うと言われます。私の場合、年齢を重ねてこそ「いい仕事ができる」ので、楽しみなことでもあるのです。

 よい年齢の重ね方をしたいと思っています。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/225640