総括質疑

  • 堀江ひとみ
  • 2012/8/25 00:01:03

 8月定例月議会がはじまります。8月29日から10月15日まで。
今回は10日間の海外訪問もあることから、期間がとくに長くなります。

 請願受付締切は9月11日。陳情受付締切は9月13日

 今議会、私は一般質問はできません。予算委員会総括質疑がどうなるか、現時点不明です。23日の議会運営委員会では、総括質疑の時間数が議題となりました。

 一人会派は時間が短くても毎回登壇できるが、大会派では1年間で一度も登壇できない議員がいることは、いわば不公平というのです。そこで、総括質疑の考え方を変えて、一人30分登壇できるようにしようとの提案です。一人会派が増えれば毎回登壇する議員も増えると、考えたのでしょうか。いずれにしても、私は年間40分の削減です。

 一人会派の私は、4回の予算議会と1回の決算委員会で、年間70分の総括質疑をおこなってきました。一般質問は一人60分、年1回しかできません。総括質疑は毎回、予算にかかわって県民の声を届ける貴重な時間でした。
 
 今後は、一人年30分になります。議会運営委員会のなかでは、「30分の使い方は柔軟に対応してほしい」と要望しました。

  総括質疑をどう使うか。いろいろとご意見をお聞きすると、私は当初予算では一般質問ができないのだから、当初予算総括質疑で30分使ってはどうかとの、ご意見もいただきました。

 総括質疑をどうするか、29日に開かれる「予算決算理事会」で決められます。
 *写真上、毎週金曜日に行われている原発反対のパレード。写真下、消費税増税反対の宣伝・署      名行動。

 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/254607