• 30件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/6/2007

患者負担の軽減を

  • 堀江ひとみ
  • 2007/6/30 23:24:40

国民のための医療を実現するための「医療制度改革」に関する請願書が、県議会厚生環境委員会で、審議されました。提出者は、長崎県地域医療推進協議会。長崎県医師会・歯科医師会・薬剤師会・看護協会が、構成しています。 請願趣旨説明は、長崎県医師会・井石会長です。
公的医療費を削減し、国民に負担増を求める医療制度改革により、…医療に受診格差や地域格差が生じ、医療現場では医師や看護職不足などが深刻化し、地域医療は…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/6/2007


 県議会最終日、三好議長が「議会改革のための私的諮問委員会」(仮称)をたちあげるという、情報が寄せられました。しかし、私には、出席の要請は、29日午後6時現在ありません。
 早速、議会秘書課に問い合わせ、議長との面談時間をとってほしいと、要望しました。秘書課からは、議長と連絡がとれないので、7月2日に連絡しますという返事でした。 三好議長は、「政務調査費や費用弁償問題は、県民の指摘もあり、今後検討し…

続きはこちら

  • コメント (1)
  • トラックバック (0)

28/6/2007

 本日の県議会・厚生環境委員会で、年金問題の早期解決を求める意見書が提案され、7月3日の本会議で、採択される見通しです。 年金問題の解決にあたっては、… 年金給付記録情報を加入者に明らかにし、納付記録が消滅してしまった方については、加入者側の証言を最大限に尊重して給付対象とする必要がある。
 よって、国におかれては、年金問題について、一人の被害者も残すことなく、早期に解決され、国民の信頼回復に最善を…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/6/2007

 6月25日、諫早湾干拓への公金支出差し止めを求める裁判が行われました。
私は、県議会開会中のため、傍聴にいけませんでした。私の代理で、前川さんが参加しましたので、今日のブログは、前川さんに書いてもらいます。 今回の裁判では4人の意見陳述がありました。
 新婦人長崎支部の女性は、ダウン症の娘さんを持つ会員の手記を紹介しながら、「障害者自立支援法」が実施されてから、医療費や施設利用料等の増額で負担が増え…

続きはこちら

  • コメント (1)
  • トラックバック (0)

26/6/2007

 25日県議会・経済労働委員会で、最低賃金の引き上げに関する請願書(請願人・県労連)を提出しました。 紹介議員として、私が趣旨説明。
働いても働 いても、生活保護基準以下の収入しか得られない世帯が、増えています。政治が解決すべき問題です。最低賃金の引き上げは、緊急の課題です。県民所得の低い長崎県では、さらに緊急性が問われています。長崎県の最低賃金は、時給611円。生活保護規準以下になります。県民のく…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/6/2007

一般質問に多くの激励!

  • 堀江ひとみ
  • 2007/6/25 21:54:52

 一般質問が終わって、多くの方に激励をいただきました。ありがとうございます。
メールもいただきました。 佐世保の方が、感想をよせてくれました。
堀江県議の一般質問。迫力のある質問でした。「国保証取り上げによって医者にかかれない県民を救う心が、県にはないのか。1分間縮めるのに104億円も新幹線につぎ込む県税を、県民の救済に廻せ」という追求、「情報保全隊の監視は全国民に向けられている。県民の代表として、知…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  全日本年金者組合長崎県本部の定期大会に、来賓で参加しました。 今、年金者組合が元気です。「消えた年金」で、国民の怒りがこれだけある中で、老後を安心して暮らせる政治を、最低保障年金の創設をと、全国組織で活動しています。全国の組織の中で、組合員を増加させているとのこと。 今、最低保障年金制度の創設を求める運動は、全国市長会が国に要望するまでに、なっています。 日本共産党は、「消えた年金」問題は、国…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/6/2007

「あら、いいかも」県議会控室から②

  • 堀江ひとみ
  • 2007/6/22 22:17:53

 県議会控室にきて、「あら、いいかも」と思っていることの一 つに、図書室がある。 地方自治法には、各議会図書室の設置が定められていますが、実態が追いついていません。もちろん、長崎市議会は設置されていますが、県議会にきて、図書の充実には驚きました。人的配置もあって。
 しかし、「県議会なのだから当然かも」と、思ったりして。 私は、図書室が大好きです。学生の頃は、図書委員などすすんでやっていました。いつ…

続きはこちら

  • コメント (3)
  • トラックバック (0)

21/6/2007

 はじめての一般質問が終わりました。ご声援ありがとうございました。電話やメールの激励、わざわざ傍聴においでいただき、本当にありがとうございました。 60分の持ち時間を、「諫早湾干拓より新幹線よりも、くらしや福祉の充実を。」この声を届けて全力を尽くしました。まだまだ力不足ですが、これからもよろしくお願いします。①乳幼児医療費助成事業の現物給付については、長崎市・大村市への県費補助率は堅持せよ。……子…

続きはこちら

  • コメント (1)
  • トラックバック (0)

20/6/2007

長崎県議会の゛男性議員中心のあれこれ

  • 堀江ひとみ
  • 2007/6/20 20:57:27

 議会は、男性中心である 知事はじめ各部長と、議場に着席する県庁幹部は47名。ほとんどが男性。女性幹部はたった一人。
 対する県会議員46名。ほとんどが男性。女性はわずかに4人。長崎県の人口は、女性が多いのに、政策・予算を決定する場での女性の参加は、たった5人。はずかしいことである。 議会が、男性中心であることは、本会議が始まるとよくわかる ひとつは、議場の室温。クールビズは委員会審議。本会議で…

続きはこちら

  • コメント (1)
  • トラックバック (0)
  • 30件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ