• 18件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

27/7/2011

 27日は、文教厚生委員会集中審議。
議題は、不適切な私的契約児の受け入れについて。 大村市のS保育園において、前理事長が、定員に空きがないのに私的契約児を入所させ、大村市の保育料より安い保育料を設定していた事例もあったこと。さらに、着服して私的流用をしていたこと。未返済となっている額は、約3200万円にのぼっている問題を、審議しました。 長崎県の調査の中で、県内で他にも、私的契約児の入所があったこ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/7/2011

佐世保市の水は足りています

  • 堀江ひとみ
  • 2011/7/26 22:33:27

 26日、県政記者クラブにおいて、「石木ダム事業認定にあたっての、日本共産党の見解」を、発表しました。 同日の定例記者会見で中村知事が、石木ダムの「事業継続」を表明したからです。 久保田川棚町議と一緒です。 佐世保市の水は足りています。石木ダムについては必要のないダムであり、ムダをなくすとした事業検証の目的にたって、ただちに建設事業を中止することを求めます。 事業検証は「事業ありき」ですすめられた…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/7/2011

 22日、「被爆地ナガサキから、日本の原発とエネルギーについて考える」講演会。 お話は、日本共産党政策委員会 寺沢事務局長(写真)。日本共産党は「原発からのすみやかな撤退、自然エネルギーの本格的導入を」との提言を発表し、国民的な討論と合意を呼びかけています。寺沢事務局長は、この提言づくりに、関わりました。 お話をきいて、原発事故には、他の事故にみられない「異質の危険」があることを、深く認識しました…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

19/7/2011

石木ダム建設推進決議案への反対討論

  • 堀江ひとみ
  • 2011/7/19 14:18:41

動画でご覧ください。 

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
 19日は、県議会閉会日。私は2つの討論を行いました。
○諫干潮受堤防の開門を断固阻止する請願への、反対討論

動画でご覧ください。                                                                                            

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

勇気と感動をありがとう

  • 堀江ひとみ
  • 2011/7/19 07:54:03

 今日の新聞一面。話題は、なんと言っても、サッカー女子W杯での「なでしこジャパン」世界一ですね。
 朝3時台に起床し、テレビ観戦をしました。最後まであきらめず、たたかった選手のみなさんに、勇気と感動をありがとう、と言いたいです。
 すごい、なぁ。
 一つひとつのプレーに、気の遠くなるような練習時間をかけて、しかも小さい時から、男子選手に混じって女子であるがゆえの、様々な困難も乗り越えて、誰もに感動を与え…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

17/7/2011

暑中お見舞い申し上げます

  • 堀江ひとみ
  • 2011/7/17 16:32:46

 ひとみブログをご覧いただき、ありがとうございます。
連日、猛暑日が続いていますが、体調など崩されていないでしょうか。
 この夏は、いかがお過ごしでしょうか。私的には、東京に居る娘が久しぶりに帰省します。一人で帰ってくるのではなく、目的があっての帰省というので、家族で心待ちにしています。
 公的には、創立89周年を迎えた日本共産党を大きくする仕事と、7月議会の様子を多くの県民に伝える仕事と、長崎被爆6…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

16/7/2011

感動をいただいた時間

  • 堀江ひとみ
  • 2011/7/16 18:16:19

 16日は2つの行事に参加しました。
■暴力追放「いのちを守る」長崎市民集会
 長崎市では、子どもが被害者となる事件や、現職の市長が二代続けて銃撃される事件がありました。暴力のない、安全で安心して暮らすことができるまちをつくろうと、市民の気運が創られています。命の尊さについて考える集会です。
 式典のなかでの「居留地キッズコーラス」合唱。小学生が歌う「生きて、生きて、生き抜いてほしい」とのフレーズは、東…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/7/2011

 県議会・県政改革特別委員会。本日議題とされたのは、諫干入植手続きについて。 当時、知事の親族企業が入植したことに、県民から厳しい批判がありました。 日本共産党は、「諫早湾干拓事業による堤防閉め切り11年に際しての声明」のなかで、
農地672ヘクタールに対して996ヘクタールの応募があり、62者中42者が選ばれる1.5倍の高い競争率であったが、わずか1年前に設立した新規参入の親族企業が選ばれているこ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

14/7/2011

 動画でご覧ください。 

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 18件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ