• 9件中
  • 1 - 9件を表示

30/8/2014

夫のささやかな幸せ

  • 堀江ひとみ
  • 2014/8/30 12:14:10

   夫のささやかな幸せの話。近くに住む息子と飲んで、いい気分で帰ってきた夫がひと言。「俺は今、ささやかな幸せに浸っている」夫は「好きな野球を息子と一緒にできて、試合のあとお酒を飲みながら、野球のこと仕事のこと、話ができるのがうれしい」と言うのです。
  息子は部門は違うのですが、同じ介護の職場です。2人が所属する野球チームは、それなりの実力らしいのです。
  夫のささやかな幸せの話は、そのうち息子に…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/8/2014

原発再稼働許すな!市民にアピール

  • 堀江ひとみ
  • 2014/8/29 13:45:51

   原発再稼働はんたーい!電気は足りてる。長崎市で行われた金曜日昼休みデモ。参加しました。

 今にも雨が降りそう天気でしたが、原発再稼働許すなと、市民にアピールしました。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/8/2014

 26日、県議会・環境生活委員会が緊急にひらかれました。すでに、知事・佐世保市長・川棚町長が記者会見したことをうけて、副知事の出席を求め、県議会への報告となりました。
 議題は、石木ダム事業について。長崎県は、強制収用に道をひらく裁決申請をおこなうことを決定したのです。
 委員会で副知事は、「公益性・公共性・必要性・事業認定の期限など総合的に判断した。裁決申請を決めただけ。強制収用をするかどうか先はわ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/8/2014

 22日長崎県議会では、午前中は環境生活委員会、午後は文教厚生委員会が開かれました。私は所属委員ではありませんが、参加しました。
 環境生活委員会では、石木ダム事業について、県の説明・質疑が行われました。石木ダム事業は今、土地収用法に基づく裁決申請提出期日が9月8日に迫る、緊迫した事態となっています。 提出しなければ、石木ダム計画は白紙撤回となります。提出すれば強制収用がおこなえることを意味しますか…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/8/2014

地方議員研修会を開催しました

  • 堀江ひとみ
  • 2014/8/20 17:17:46

 長崎県内の日本共産党議員が集まっての、研修会が長崎市内で開かれました。 午前中はお話。子ども・子育て新制度について、全体像と留意点と題して、日本共産党女性委員会広井暢子党副委員長が、お話しました。9月議会では、県内各議会で条例制定の動きです。午後の飛行機で帰京する広井さんには、出発時間ぎりぎりまで質問に答えていただきました。 午後は、各議員間での意見交換です。地元企業育成、納税滞納者への自治体の…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

17/8/2014

 今日は会議のことを。
 長崎県地域・自治体研究所が、長崎県でも設立されました。今日は総会をうけての会議です。今後、長崎県における地方自治の発展と地域住民の豊かなくらしの実現をめざします。会員募集しています。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

14/8/2014

携帯は「入院中」

  • 堀江ひとみ
  • 2014/8/14 15:16:09

 携帯電話の代替品です。お盆だというのに、昨夜いきなり携帯使用不能に。早速、故障相談窓口へ。結果は、検査のため即「入院」となりました。
 10日から二週間。私の「携帯」は、発信のデータがありません。電源が入らないため、データを移すことができません。発信に時間がかかります。電話番号とメールアドレスがわからないのです。トホホ。困ったものです。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

9/8/2014

9日。被爆69周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列しました。
 被爆者代表の城臺さんは、日本政府に対し「集団的自衛権の行使容認は、武力で国民の平和を作ると言っていませんか。武器輸出もやめてください。戦争は戦争を呼びます。歴史が証明しています。日本の未来を担う若者や子どもたちを脅かさないでください。被爆者の苦しみを忘れ、なかったことにしないでください。」と訴えました。
 田上長崎市長が読み上げた「長…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

1/8/2014

 8月1日長崎県庁にて、「石木ダム付け替え道路工事着工への抗議申し入れ」を行いました。久保田川棚町議、山下県委員長と一緒です。長崎県土木部河川課から、野口浩課長(参事監)、浦瀬俊郎企画監 が対応しました。 申し入れでは長崎県が、石木ダムが必要か否かの話しあいをするといいながら、測量調査を実施しようとしたり、付け替え道路工事を着工したりと、「32年前の強制測量を思い出させる」(地権者の声)長崎県の対…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 9件中
  • 1 - 9件を表示