18/4/2017

開門を禁止する不当判決

  • 堀江ひとみ
  • 2017/4/18 08:28:10

 17日長崎地裁において、諫早湾 干拓事業潮受堤防排水門の開門を命じた福岡高裁確定判決の履行差し止めを求める訴訟の、判決が言い渡されました。 判決は開門の差し止めを認める内容で、開門を禁止する不当判決となりました。夕方長崎市内で、判決報告集会が開かれ参加しました。


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

17/4/2017

桜も見納めです

  • 堀江ひとみ
  • 2017/4/17 09:09:44

朝から大雨です。そんな中、定例の朝宣伝を実行。
これから生活相談、会議、集会参加と日程が続きます。写真は15日、長崎市立図書館前でパチリ。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

16/4/2017

西海市議選挙告示日。

  • 堀江ひとみ
  • 2017/4/16 07:56:58

西海市議選挙が始まりました。ふちせ栄子さんの議席をなんとしても、確保するために頑張らなくては!
五島市、諫早市に続く勝利をめざします。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/4/2017

雪の中のチューリップ2

  • 堀江ひとみ
  • 2017/4/15 06:10:51

雪の中のチューリップ。やっと咲きました。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

14/4/2017

西海市議選挙での勝利を

  • 堀江ひとみ
  • 2017/4/14 05:57:18

    昨日は、西海市議選挙の応援に。定数も減らされて、2人はみ出しの激戦が予想されています。16日告示23日投・開票です。ふちせ栄子市議にはなんとしても、再び議会に戻ってほしいです。
頑張りましょう   写真は、西海市大島大橋。通行料を無料にするために、市民と他会派と、西海市議会と長崎県議会と力を合わせました。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

13/4/2017

一年前「孫が学校に行かなくなった」と、祖母にあたる方からの切実な相談がありました。複雑な家庭事情、部活動顧問の言動、学校の対応といろんな事が重なり、自室に閉じこもる生活になったと言うのです。 「大事なことは本人の気持ち」と、私は、自宅にもおじゃまして、家族の話しをじっくり聞かせていただきました。教育委員会へも実情を伝えました。  家族が「待つ」姿勢に納得して対応できるようになり、ひょんな事…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

12/4/2017

あおさの味噌汁

  • 堀江ひとみ
  • 2017/4/12 05:50:41

我が家の朝ごはんは、 ごはんと味噌汁がほとんどです。介護の現場の夫は「ごはんを食べないと力がでない」と言うし、二人分の弁当を作るからです。
今の時期、あおさの味噌汁。産直で買い物ができて、生のあおさが手に入ったらつくります。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

11/4/2017

    田村たかあき衆院議員は、 長崎新幹線問題で質問しました。フリーゲージトレインは、20年間約490億円税金を費やしたが、完成していないこと。「引き続き実用化に向けて取り組む」と答弁するが、完成できる保証はないこと。
    田村議員は「飛行機が完成していないのに、滑走路を造っている」と例えて、長崎新幹線の白紙撤回を求めました。長崎県民の声が、届けられました。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

10/4/2017

ヒバクシャ国際署名にご協力ください

  • 堀江ひとみ
  • 2017/4/10 09:07:36

   ヒロシマ・ナガサキのヒバクシャが訴える核兵器廃絶国際署名。 中村長崎県知事も代表賛同人です。 その思いについて、私の質問に「世界で数億人の人々から核兵器廃絶に向けた署名を集め、国際世論の喚起のために尽力されようとしていることに対し、深く敬意を表したい」と答弁されました。    写真は議会作成の県議会だよりから。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

9/4/2017

    日本政府が不参加を決めた「核兵器禁止条約の国連会議」。 志位和夫委員長を団長とする日本共産党代表団は、会議に公式に参加し、被爆国日本の国民の声を届けてきました。  核保有国等は会議に参加せず、会議場の外で禁止条約に反対するデモンストレーションをおこないました。そんな中、日本共産党代表団は「国連会議」にむけた「要請文」をつくり、「国連会議」主催者、各国政府代表らと懇談、要請を重ねました。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)