時が止まっていた

  • コージー
  • 2009/5/02 22:00:30

 今日は何気なく浜町を散歩。

 浜屋の8階で本の安売り市をやっていると聞いたので、エスカレーターを乗り継いで会場に行ってみたものの、オイラの用件を満たしてくれるような本がなかったので、よそのテナントを覗こうかなと思っていたら、屋上に通じる階段に20点ほどの小さな油絵が、ポツポツと掛けてあった。

 絵に導かれるように階段を登っていき、屋上に出るガラスのドアを開けると・・・

 30年ぐらい前、長崎市内に来たときに楽しみにしていた屋上広場が、ほとんど当時のまま残っていた!!

 今は冷却塔がおかれている場所には、かつてフィールドアスレチックの施設があったけど、そのほかの遊具や屋上ステージや売店が、ほとんど当時のまま! 残っていた!!

 オイラもガキの頃にゴーカートに乗ったし、100円望遠鏡で街の風景を眺めたし、戦隊モノのショーで悪者に脅かされて泣いた。 本当にあのときのまんま!!

 みんな、意外と身近なところで、昭和の雰囲気が楽しめるゾ!


  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/212388

コメント

浜屋の8階、中々イイ感じですよね(笑)
数年前、友人の子供たちを連れて行きましたが
やっぱり子供たちは楽しそうでした。
今も昔も子供は意外と楽しめるものですよね(^^)

  • Posted by セツ
  • at 2009/05/03 22:18:20

セツさん、お久しぶりです!

田舎モノだったオイラ(と両親)にとっては、
浜屋の8階催事場や屋上広場は 時代の最先端の遊び場でした。

オイラがお世話になったころに比べたら、利用者はだいぶ少ないようですが、
それでも楽しそうに遊ぶ子どもたちがいて、なんだか安心しました。

  • Posted by コージー
  • at 2009/05/04 15:39:44