思い出の「長崎じげもん企画」

  • 時代おくれ
  • 2012/1/11 07:09:22

 今から30年ほど前になります。長崎で一つのイベンターを立ち上げた時がありました。基本的にみんなど素人の集団でした。「何か、長崎でやりたい」という気持ちだけだったような気がします。みんな働いてるところも違うし、初めての顔ぶれでもあったし・・・。
 確かに中心人物の方がいらして、その方と、渋谷ジァン・ジァンとの太い?パイプがあったからこそなのですが、舞台(音響・照明含)以外は、MCはじめ企画・立案など自由にできたことが魅力でした。
   
 そんなこんなを文章で表すと、上記のような設立趣旨になりますが・・・。
企画運営会議も「誰を呼びたいか、何を聞きたいか」という一番メインの所が盛り上がって、いろんなアーティストがリストに上がったものです。

 さあ、そこで渋谷ジァン・ジァンですが、支配人?のT氏という怖い方がいらっしゃいました。後年NHKのドラマで渋谷ジァン・ジァンが取り上げられたことがあったのですが、ご記憶の方がいらっしゃるかどうか?
 企画会議で、たまたま来崎したT氏が出席。私たちの会議に鋭い視線を送りながら聞いているT氏。相手はプロ中のプロ。かたやど素人集団。助言を求めるとシビアーな言葉が・・・。厳しかったですね。でも楽しかった面もあったんですね。

 そんなこんなをとびとびでお送りします。ラインナップは下記のこういう感じですので、気長に何回かに分けて掲載したいと思ってます。
    
 初回は3話をめどに、音楽関係からでもお伝えしようかと思います。
 第1夜は、立ち上げコンサートになった「六八サンDayコンサート」。第2夜は、第2回目「高橋竹山 津軽三味線演奏会」。第3夜は、通算4回目にあたる「淡谷のり子コンサート」を予定していますのでお楽しみに。
 
 では!!                             

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/249245