思い出の「長崎じげもん企画」 第2夜

  • 時代おくれ
  • 2012/1/13 07:20:09

 「長崎じげもん企画」第2回目のコンサートが「高橋竹山」でした。弟子の竹与さんが付き人で来ていたと思います。今はもうメインの方ですよね。

 このデザイン、気に入ってました。チラシもチケットも同じデザインで・・・。  
      

 1985年(昭和60年)1月23日ですね。会場はおなじみNBCビデオホールでした。300人キャパのこのホールはある意味手頃な会場でした。費用的には少し高いのですが、キャパだけでなくロケーション、コンサート会場としての機能面がちょうどいい塩梅でした。ロビーでの受付やCD物販などにもちょうどいいスペースだったと思います。公的施設にはこのくらいのキャパのは無いですね。強いて言えばチトセピアホールやブリックホールの国際会議場あたりでしょうか? ただ座席が備え付けで傾斜があり・・とかなるとほぼ無いんですよね。

 この2回目から「じげもんかわら版」を手作り発行。それから、パンフ内に、永さんが竹山に寄せたコメントも掲載するなどしました。

 コンサートは演奏の合間に竹山の語りが入るのですが、ほとんどズ―ズ‐弁で分かりませんでした。ところどころ分かる箇所で笑いが起こるような感じでしょうか。

 津軽三味線の太棹の音色は深く強いもので、ビンビンと体に響いてきました。演奏中の竹山は、演奏家を通り越した表現者としての風格をオーラのように漂わせていました。すごいアーティストだと感じました。

 

  来てもらって良かったと感じたイベントでした。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/249250