イムジン河が流せない

  • 時代おくれ
  • 2016/8/26 22:48:00

 フェイスブックを開いていたら、映画「パッチギ」の井筒監督の記事を見つけました。

関連URL①:http://lite-ra.com/2016/08/post-2522.html

 「ローリングストーン日本版」2016年8月号のヘイト特集で、井筒監督と映画プロデューサー李鳳宇氏が語った、映画公開前、そして公開後に起こった様々なマスコミ対応が内容です。私としては、名古屋の某ラジオ局での逸話が象徴的に思えました。

 映画の内容を称賛しながらも、最後に流す「♪ イムジン河」は流せないとしたラジオ局。この状況はどうもそのラジオ局に限らず、かなりの局が難色を示したとしています。ほんの10年前だけど、過去ログでも取り上げた「放送禁止歌」が厳然としてあったわけだ。「自粛」という事実上の「放送禁止」ってことか。

 映画や歌、それ以外もあるんだろうかね~。国民の視線から遠ざけられるものたちが・・・。沖縄問題もそうだろうね。

 

 新生フォークルが歌う「♪ イムジン河」。いい曲です。ちなみにこの時の使用ギターは、北山さんがマーティンのトラベルギター:バッグパッカー、坂崎がテリーズテリー、加藤さんがマーティンの加藤シグネチャーですね。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/275974