秋をめぐる

  • 時代おくれ
  • 2016/11/22 23:22:00

 先日カミサンと買物に出た時に、福江周辺を回って秋景色を探してみました。そしたら、明星院境内の銀杏の木やモミジが色づ始じめでしたね。特に銀杏の木は、もう1週間か10日ほどで黄葉が進みそうです。鐘楼あたりのモミジも色づきが進むでしょう。

 それから、鬼岳ふもとにある「鬼岳樹木園」に今回初めて行ってきました。ここは、五島の四季や行事を写した写真集を見ていて、樹木園の存在を知ったわけです。こんな身近なところに秋景色があるんですね。

 で、行ってみると、中にちゃんと駐車場があるし、トイレの設備もあります。園内の案内板もあって、いろんな樹木が育っているのもわかりました。

 ちょうど銀杏の木が終わり頃の風情で、並木道には銀杏の黄色い葉が広がってましたね。ここはいい所を見つけましたよ。

 ただ、ここの入り口がすっきりしてなくて、これまではほとんど気づかずに前を素通りしていました。進入道路の入り口が雑草に覆われていて、中はどうなっているの?という感じです。もう少しきれいに伐採してくれると、見通しが良くなり、中まで入ってみようと思うはずです。

 今秋はもう1ヶ所、荒川神社の紅葉を撮影に出かけようと思うのですが、今週は天気がパッとしないです。折を見て行ってみよう!


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/276727