続 長崎日記①

  • 時代おくれ
  • 2016/12/06 23:06:00

 朝9時に即行で整形外科へ。前回から約1ヶ月ぶり。骨折箇所の付きをみるためレントゲン撮影。だいぶん目立たなくなっているけど、かすかにき裂がわかる。歩くのも支障はほとんどないけど、たまに甲部分に鈍痛がある程度。歳取ると治りが遅いのを実感するね。入念にすね部分をマッサージしてもらい、最後にテーピングしてもらう。

 それからは、抜群の晴天なので写真撮影に出向く。まず、護国神社へ行って「十月桜」を見る。2年ぶりかな。拝殿の奥、銀杏の木が見事に黄葉してますね。社務所横の桜もチラホラ咲いてました。一足早く春が来たみたいで、ホッコリする感じです。

 今日はもともとは、片渕町の心田庵に行くつもりにしていたのですが、あそこもここもと欲が出てしまい、この後、本河内の妙相寺に向かう。石門あたりの紅葉は枯れ始めてましたが、境内奥の庭園からその裏山あたりはベストなタイミングの紅葉が見れました。

    

 ここ3年ほど来てますが、今年が一番良かったように思いました。石門で出会った方と話しましたが、その方は鳴滝からひと山越えて、裏山から妙相寺に来たとのことで、その方も今年の紅葉を称賛してました。

 足が元気だったら、山越えしながら撮影をしてみたいと思いましたね。今日みたいなポカポカした日は、山歩きに最高でしょう。雲仙にも行けなかったし、五島の七つ岳も行けなかった。来年の楽しみに取っておきましょう。今日はここまでで良しとしよう。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/276878