公民館祭りから③

  • 時代おくれ
  • 2017/3/01 11:41:47

 ギタッ子のステージ終了後、2階の展示会場へ移動。今年は例年より搬出が早いようで、うちの展示だけが残っている感じ。例年だと4時頃から撤収をするイメージだったので、ビックリですよ。つまり、午後から来ても、他の展示作品がほとんど見れなかった!?

 撤収作業は簡単で、懸架台の解体作業が主。それもネジ止めをはずすだけなので、ものの30分ほどで終了しました。

 今回の写真展で気づいたのは、額縁展示のあり方。写真を入れる額縁を敢えて使わなくてもいいんじゃないかと言うことでした。Oさん夫妻は今回はマットを使用。写真の外枠の黒台紙だけを使いました。これって軽さが全然違う。

 私も以前、ブリックホール2階の回廊での写真展の時に、大量の額縁が用意できず、福岡のヨドバシカメラまで行って、マット紙を買い込み使用しました。色合いも黒だけじゃないし、エンボス加工などデザインを施したマットもあって、写真のテーマに沿った選択ができました。

 今回の展示を見て、クラブの写真展の時はこれでいいと思いました。額縁にこだわる必要はないって。市展や県展などのコンテスト出品時は額縁使用が原則ですが、自前の写真展の時は行けますね。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/277643