公民館祭りから④

  • 時代おくれ
  • 2017/3/02 18:19:53

 写真クラブの搬出作業終了後、畝刈のジョイフルで例会。私はまるまる1年ぶりくらいの例会出席でした。全員集合です。作業も予定より大幅に早く終わったので、時間がタップリある余裕の例会でしたね。

 まずは、今年6月開催の第44回合同写真展についての報告。会期は5月30日(火)から6月4日(日)の6日間。議題は、来年第45回では写真展担当クラブの依頼がきているので、引き受けるかどうかの是非。さらに、来年は5年ごとの写真集発行年に当たり、その場合も担当クラブになるので、その是非。

 いろいろ論議しましたが、基本的には受けることになりました。全員一致で「やろう!」となりました。このエネルギー、どこから来る? 私も来年は写真集発行の部分ではまることにしました。

 過去ログでも書きましたが、全国見渡しても写真クラブが寄り集まって合同の写真展を開いているところは、おそらく長崎だけだと思います。それも40年以上も・・・。写真集発行も来年は第10集になります。

 近年、会員の高齢化や代表の死去などもあり、クラブ数の減少が続きました。そういう中で、合同展担当の順繰りが早くなり、所属の写真クラブは10年ぶりの当番となります。私たち自身も高齢化が進み、さらに6年後の50周年はどうなるのかという話しもしました。

 やるなら来年しかないっていう決意みたいなものもあります。しかし、合同展(写真集発行も含む)を続けるにあたっては、課題を出し合う全員協議会みたいな場を設けて、少なくとも代表者レベルで話し合う必要も出てくるように感じます。6月の合同展に向けて月1回程度の実行委員会が続きます。終わった後は締めの実行委員会もあるので、そういう議論もできるかもしれません。高齢化の問題は避けて通れないですね。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/277655