2017年桜 ~平戸にて~

  • 時代おくれ
  • 2017/4/11 12:01:48

 先日日曜日は写真クラブの桜の撮影会。1週間延期して大正解でした。予定通り、琴海町を8時に出発し、途中佐々町ICを降りたところで小休憩。平戸大橋着は9時半でした。出発が早いこともあってか長崎から1時間半で平戸に着きました。もっとかかると思ってました。

 この日はなかなか晴れ間が出ないまま、薄曇りの天気が続きました。目指すは一本桜の「慈眼桜」。案内所で尋ねると、木ヶ津教会を目指すように言われました。(後で分かりましたが、この日の長崎新聞に掲載されてましたね)

 県道から入り込んだ一本道で、途中の離合が厳しい場所でした。その桜は道路から、ジャガイモ畑の向こうに立っていました。なかなかいい形の桜でしたね。山桜系だと思いますが、混合種なのか、白に混じって薄いピンクの花びらが特徴的でした。

 私たちが到着した午前中はまだ人は少なかったのですが、次第に車と人が多くなりました。この桜はけっこう最近になって(10年ほど前?)見つかったというか、有名になったそうですが、禁教の時代から見つめていたんでしょうか。すぐそばに建つ木ケ津教会の周りにもいい形の桜が咲いてました。来年以降、天気のいい日に訪れたい場所です。

 すぐそばに産直の売店が立っていて、お昼のお弁当をここで女性陣が調達。平戸大橋そばの公園に戻って、お花見となりました。みそ味のつわがいい味だしてました。車なのでお酒なしでしたが、花見ができるとは思わなかったので大満足の昼食でした。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/278046