木綿のハンカチーフ考

  • 時代おくれ
  • 2017/4/27 13:49:30

 昨夜のNHKBSプレミアム「名盤ドキュメント」、良かったなあ~。太田裕美のアルバム第3弾「心が風邪をひいた日」のレコーディング余話が満載でした。

関連URL:http://www4.nhk.or.jp/P3274/3/

 出演者が太田本人、当時のディレクター、さらに作詞家松本隆なども登場するし、アルバム収録曲を1曲ずつ取り上げて解説していくという、かなりマニアックな番組内容にもビックリしました。

 私も、過去ログで「♪ 木綿のハンカチーフ」のバックギタリストの件で、2回ほど取り上げたし、そういう一連で、今回の番組ですから、非常に興味を持って見てました。

 コンセプトアルバムとしては画期的な1枚だったと知って驚きましたね。過去ログでも触れた、アルバム先行でシングルカットし、その際はアレンジを変え、歌詞も一部替えるという手法も斬新ですもんね。

 もともと私世代では、シングルの寄せ集め(言い方が悪い!)がLP=アルバムだという風に思っていたし、シングル先行が当たり前の時代だったと思います。

 この流れに変化が出てきたのが、フォークだったと思うんだけど、そこに歌謡曲?の分類で先鞭をつけたのが「♪ 木綿の・・・」だったんでしょうね。Jポップの走りと言えないか。最後まで見応え十分の番組でした。次回を期待したいね。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/278235