終わりの終わりか?⑥

  • 時代おくれ
  • 2017/5/18 23:18:00

 国会では衆院法務委員会で共謀罪の取り扱いで与党組が採決を進めようと躍起になってますね。あの国会論戦を聞いていて、あの法務大臣の答弁を聞いていて、「なるほど~」って、納得するような内容だったか?です。30時間程度で決めるなんて、まずあり得ない。これはもう、数の驕りですね。

 カネダちゃんの傑作答弁が「花見」のところ。バードウォッチングや写真撮影が趣味の人たちは気をつけないといけない世の中になるってことか? 花見に限らず、街角でメモ帳持って、双眼鏡もあって、さらにレコーダーの類いとか、カメラ持ってたらアウトかい!? そんなバカなと思っていたら、次々と拡大解釈されて、引っ張られるという、危ない世の中の出現ですよ。どこか行く時は必ず弁当を見えるように腰に下げて行くに限る!? とにかく、こんな危ないやつは廃案しかない。

 それと、加計学園問題ね。文書の真贋が言われてますが、これは省内文書のリークとみるべきでしょう。あのアベちゃんのお友達ジャーナリスト:田崎某氏もTV番組で本物の文書であるとの発言をしてましたね。

関連URL:https://www.youtube.com/watch?v=bTF4GC8_89Q

 この問題は中途半端にしちゃ~ダメね。民進党の食いつき方がどこまで迫るかでしょう。

 結局は、森友学園問題と同じような構図が見えます。アベちゃんの意向が透けて見えるようなことが起こっているわけです。「李下に冠を正さず」ってあるけど、この人の場合、隠れ蓑を使いながら冠を正してないのか。首相の立場でこういう問題が続くと言うことは、自らの地位を利用して、やれるだけのことはやるって表明に思えて、どうもこのあたりが、本人がよく言っている「実現する政治」「実行する政治」と勘違いも甚だしいのではないのか。

 「共謀罪」「加計学園問題」「森友学園問題」の3点セット。どれ一つとっても疑惑だらけ。徹底追及しかない。

 あとね、特に感じるのは、相変わらず政治問題をいじるアーティストやお笑い芸人がいないことがさびしいね。最近は、日本文化の勘所に見えてきた。話したり、歌ったりした時点で、TVはダメなんだろうね。この辺が表舞台に出てくるくらいの変化が必要だと思う。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/278428