長崎街歩き①

  • 時代おくれ
  • 2017/5/19 12:09:04

 先日写真展を見に行った時に、会場周辺を散策。まず駐車場を探している時に、公会堂の解体工事に遭遇しました。そうか、工事に入ったんだと気づきました。遠目にも、窓ガラス類が外され、窓枠だけが残った姿が痛々しかった。存続運動もかなわず、ただ取り壊されるのを待つだけの公会堂、シッカリと目に焼き付けておこう。

 写真展を見終わった後は、原楽器に寄って、店番に座っていたご主人と立ち話。昨年6月以来だけど、お元気そうでしたね。

 その後、フラリと思案橋へ。現役時代にお世話になった思案橋横丁もお店がドンドン代わっているような気がする。昼下がりの通りは、人影もまばらでした。

 途中から左側に銅座市場があるので、中を抜けます。数店ほど営業してましたね。やっぱり周辺のお店、住んでいる人もいるでしょうから、手軽で手近な市場だと思います。懐かし過ぎる、昭和の香りが色濃く残る場所でした。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/278429