公会堂解体工事

  • 時代おくれ
  • 2017/7/15 15:59:32

 FaceBookを見ていたら、公会堂の解体工事の記事があったので、気になって見てきました。先月、合同写真展で訪れた時は、全体の建物がまだあったのですが、行ってみるとステージ奥の壁面(と思う)が残っているだけでしたね。機材搬入口辺りの煉瓦壁が残っていて、面影を留めていました。

 公会堂存続の市民運動も叶わず、とうとう更地になっていくわけですが、心に多くの記憶を残した建物だったことは忘れないでおこう。市役所建替え地となったとしても、その記憶遺産をプレートで残してほしいですね。

 どうしても、大浦の旧香港上海銀行の存続運動を思い出しますね。あの建物、残しておいてよかったと思います。私も何度かライブがあった時に行きました。特にアコースティック楽器を使ったライブには一番じゃないかと思いました。建物の自然な響きが良かったと思います。

 私は行きませんでしたが、6月初め頃に、妹尾氏のピアノコンサートがあって、そこに行った友人が感想を語ってくれましたが、あの建物は趣きもあるし、自然なエコーもあって、いいホールだよねと言ってました。

 公会堂自体も、旧香上に負けないくらい歴史遺産としての価値のある建物だったと思うし、さまざまなコンサートや発表会を見続けてきた公共施設だったと思います。ありがとう、公会堂。

 1994年3月、この公会堂で行われた、スーパーバンドコンサートの映像がYoutubeにあります。公会堂の楽屋に集った泉谷しげる、吉田拓郎、小田和正、井上陽水、さだまさし等など、素晴らしいアーティストたちが写っています。ご堪能下さい。3分経過したあたりです。

 

 これ以外にも、コンサートのエピソードを語るさだまさしのトークや、拓郎と坂崎が語るトークもあります。なかなか面白いです。それにしても、さだまさしのトークは素晴らしく面白い!!

関連URL①:https://www.youtube.com/watch?v=lnb6d7q-1Dk

関連URL②:https://www.youtube.com/watch?v=zlBJYXvVJCc


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/278995