HDDの整理

  • 時代おくれ
  • 2017/8/31 23:31:00

 長崎に戻ってやりだした「断捨離」作業ですが、VHSやDVD、HDDの整理が進まない。ディズニーやジブリ関係のVHSビデオが大量にある。DVDもあるけどビデオは量が多いというか、かさばる。DVDに焼こうとするとほとんどガードがかかっているからダメ。もう、これは処分だろう。

 HDD内も相当な本数になる。一応タイトルをつけているので目安にはなる。で、削除を掛けて行く。しかし、コレ、中身はどんなだったかなというのは見るしかないので、見る。そしたら、面白くなって見はまる結果になる。ビデオやDVDはその分楽ね。

 先日もその作業をやっていたら、「2007スーパーライブ」というのが出てきた。何かなと見ると、キャロル・キングとジェームス・テイラーのジョイントライブだった。コレ、良かったです!!

 1970年代の2人の曲が満載!! もう、感動モンです。それに2人だけではない。バックに、ギターのダニー・コーチマー、ドラムにラム・カスケルなど凄腕のミュージシャンがいるじゃないですか。

 「♪ 君の友達」なんて、最高よ。ジェームスが歌い、次にキャロルが歌う。それぞれハモリも入れる。自由自在ね。

 そこで思ったのは、日本の歌謡界で、こういうのを見る時って「懐メロ」感覚ってこと。でも、C・キングとJ・テイラーのは日本でいうところの、懐メロでは決してないんだよね。この違いは何なんだろうね。

 やっぱり、自分の青春時代と歌が重なっている、リアルタイムに感じられるってことかな。それからすると、日本のフォークやロックにも同じ匂いを感じているように思う。

  


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/279439