続 Jアラート

  • 時代おくれ
  • 2017/9/04 23:04:00

 北朝鮮がまたぞろやらかしました。6回目の核実験、それも水爆というじゃありませんか。ただ、もう驚きません。こうなっていくのは何となくわかりやすい推移です。先日の日本を飛び越えて、太平洋上に落下したミサイルもそうです。

 あの冷戦の時代、アメリカはじめロシアでは核実験の嵐でした。その都度、核実験反対の抗議文を長崎や広島は送ってきたのです。日本は、戦争で原爆を落とされ、その後ビキニ被曝もありました。それでも、何事もないような顔をして核実験は強行され続けてきたんです。

 そのうちイギリス、フランス、中国と続き、インド、パキスタン、イスラエルと連なります。そこに北朝鮮が打って出てきた格好です。確かに北朝鮮は、国連決議を無視してやってます。それでも、もう驚きません。核を持つ国とそうでない国が厳然とあること自体がそもそも間違いで、持つべきではない物を持ってしまった結果が今ある。核保有国の責任は重大です。それに目をつぶっている。

 例えば今後、北朝鮮が国連を脱退する、各国の経済封鎖はじめありとあらゆる圧力が増す、中国・ロシアにも見放され、完全に孤立してしまう。そんな事態になったら・・・。こんな状況って、戦前の日本とダブりませんか。その時、日本はアメリカに打って出た。歴史は似たような情勢を繰り返す、見せてくれる。だからこそ、歴史、それも負の歴史に学ぶ必要があると心底思いますね。

 今、中国やロシアが慎重な姿勢を見せています。オジサンには、この対応に好感が持てます。さらにドイツのメルケル首相も、大変厳しい状況に入っているけど、アメリカには自重してことに当たって欲しい。軍事的な手段ではなく、平和的な外交=対話を用いることを指摘しています。大した人物だと思います。

 でも、アベちゃんはこういうことのできない人です。一番やらなくちゃならない人物がそうでない。逆にアメリカの対応ばかり追い続け、終いにはアメリカと北朝鮮がないないで「核保有」を認めるようなことがないよう、厳しい対応を促し続けている。

 つまりは、戦争を回避するのではなく、戦争が始まって欲しいと思っているんじゃないかと勘繰るオジサンです。自衛隊を海外というか、すぐそばの隣国に出したくてたまらないって思ってない? もしそうだったら道筋が違いすぎます。だからか、平和的な外交努力が全然見えない。水面下で何かやっている兆しもない。

 国民に対してはJアラート流したり、避難訓練をさせたりしてる。政府・防衛省については過去最高の防衛予算を積算し、この時とばかりに高額兵器の導入を目指している。

 日本は島国で狭い国土だけど、すごい長さの海岸線を持つ。普通に考えて守りきれない。海岸には原発も林立している。戦争になったらアウト。例え生き残ったとしても、日本には住めないでしょ。

 過去日本がやってきたことを学べば、どういう道筋で平和的な解決ができるのか知恵が出てくるはず。日本の立ち位置が一番求められている状況ってのが、アベちゃんは分からないだろうなあ~。やはり日本の首相としては不適格な人材を充ててしまっている。いやな渡世だぁ~。

  渡世とキーボード打ったら、「都政」って出てきた。そういえば都政もおかしなことになってきてます。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/279469