ハイサイおじさん

  • 時代おくれ
  • 2017/9/25 19:12:13

 昨夜のNHKBSプレミアム「名盤ドキュメント」、面白かったですねぇ~。この番組は大好きです。下記のURLは前回放送分の「太田裕美」編を張り付けてますが、昨日の分も下段に出てきます。

関連URL:https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3274/2604332/index.html

 作品を作り込む過程が織り込まれるので、これがなかなか面白い。当時のプロデューサーやミュージシャンが出てくる。さらに、当時の音源=マスターテープが残ってるのがいい!!

 「♪ ハイサイおじさん」では、主音源はたったの数チャンネルで、喜納さんのボーカルとアコギ、三線などで構成されてました。そこに、東京のスタジオで追加録音をかなりやって、レコード化が決まったという。この辺の音作りがチャンネルごとに聴けるのが嬉しい。

 曲としては40年ほど前のものですが、そこに当時では画期的なシンセ(ムーグ)が複数の音で多重録音され、その作業にミュージシャンの矢野顕子やプログラマーの松武さんらが関わっていたというのも初めて知りましたね。曲が生まれる過程も通じて奥が深い曲だったんですね。感動モンでした。

~~~~~~~~~~~~~~

 喜納さんと初めてお会いしたのは、1995年8月平和会館で開催された被爆50週年の「青少年ピースフォーラム」だったと思います。そのフォーラムの来賓ミュージシャンだったと思いますが、そのステージを見ることはできませんでした。ひょっとしたらトークゲストだったかも? 楽屋でサインを貰ったり、数分間言葉を交わした程度でした。「♪ ハイサイおじさん」も知ってましたが、どちらかというと「♪ 花」が好きでした。

 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/279587