「国難突破解散」のその後

  • 時代おくれ
  • 2017/11/22 23:22:00

 先の衆院選の理由として語られた「国難突破解散」。一応その時の答弁というか、理由をもう一度確認しようとしたのが、下の①ですね。

関連URL①:http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/25/pm-abe_a_23221745/

 そして始まった第195回国会(特別会)ですが、何だかアベちゃんの答弁が違ってきてるんじゃ~との思いで見てます。(増税)消費税の使い道として、乳幼児教育の無償化とか、高等教育の無償化とか、バラ色の子育て支援や教育費無料化を謳ってたはずなのに、少しずつ変わってきたもんね。ただ、保育士の給料アップはすぐにでもやって欲しいね。

関連URL②:http://www.mag2.com/p/money/337508

 まあ、ちょっと長めの②の内容を読んでいくと、「なるほど~」と思うところがたくさんある。

 特に、過去ログでも書いたけど、トラちゃんが来たことに伴って約束させられた武器(アベちゃん流には防衛装備)の購入ね。こういうのは、一発で決めてしまうのがアベちゃん流交渉術なんでしょうか? 弱腰なんてものじゃなく「言いなり」外交の極みでしょう。アメリカには逆らえない日本政府の外交方針とでも言うのかね、卑屈なんて言葉は端からないんでしょうね。

 こういう外交を見ていると、アベちゃんの政権は、本当の「保守」なんだろうかと思わざるを得ない場合があります。日本人がせっせと働き、納めた税金がスイスイとアメリカのために使われていく現実。思いやり予算なんかもそうですね。辺野古も日本のお金でせっせと作られているわけで・・・。「保守」って、こういう政治を指してる、目指しているとしたら相当違うぞと思ってしまいます。

 逆に、アベ型政治に反旗を掲げる野党共闘が「保守」の姿に見えてくるんだよね。この現実をどう見るのかってことですよ。そこからすると一番保守なのは共産党かも知れないって思えるんですが、時代はバブル崩壊を機にかなり変化していると考えないといけないのかも知れないです。大変難しいです。

 話しの方向を元に戻して、アベちゃんは海外に出張?するたびに支援金やODAなどを決めてきますが、そういうお金の出所も全部税金からです。もう何兆ほど約束してきたことか。

関連URL③:https://matome.naver.jp/odai/2140534172534430801

 こういうお金についても、国が情報として出さないからか知らないけど、メディアは報道すべきで、私たちが納めた税金の使われ方にもっと注視して、厳しくチェックを入れていくくらいの覚悟を持つべきだと思ってます。国民が知るべき情報が意図的に隠されたり、ないがしろにされることがないようなメディアの矜持と姿勢を持って欲しいやね。

 とりあえず、以前アベちゃんは「2017年度までに(保育所)待機児童をゼロにする」って公言してたんじゃ~、それ出来てないからネ!!


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/280041