• 25件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

25/3/2012

 『映画と音楽』も一旦ここで小休憩し、最後は2004年公開の「スウィングガールズ」ですね。これは邦画の音楽作品としては面白かった。笑ったし、感動した!!(小泉かッ!?)

 チケットの半券が残っていて、佐賀市内、大和IC近くのイオンシネマで観てますね。その頃、長女が佐賀に勤務していて、よく行ってました。
 佐賀は好きな街で、長女の所に様子見に行くついでなのか、メインなのか?月一くらいで通ってました。写…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/3/2012

映画と音楽 ~ ある愛の詩 ~

  • 時代おくれ
  • 2012/3/24 06:53:08

 「聞いてから観るか、観てから聞くか?」って意味では、映画「ある愛の詩」は、おそらくアンディ・ウィリアムスの歌を聞いてから観に行ったんだと思います。もちろん曲としては、フランシス・レイ・グランド・オーケストラが先だったはずですが・・・。



 日本公開が1971年3月となっていますから、高校2年生の春ですね。シッカリと当時の音楽ノート?に書いてます。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/3/2012

 この映画は何度観たかなあ~。映画館での上映、TVでの放送・・・。ミュージカル映画の楽しさを教えてくれたものでしたね。こういう映画に関しては日本の映画は遅れてるなあ~って思ってましたね。でも、歴史的な背景というか、フィールドが違うわけで、比較するようなことではないと気づきました。

 パンフを読んでみると、1965年に初公開されてるんですね。パンフの裏面を見ると、1975年発行となっています。昭和5…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/3/2012

映画と音楽 ~ スター誕生 ~

  • 時代おくれ
  • 2012/3/22 07:05:00

 映画「スター誕生」は、カミサンから「いいよ!」って教えられて、LPを借りて、その後リバイバル上映の時に観に行った作品ですね。バーブラ・ストライサンドとクリス・クリストファーソン出演のほうです。良かった!! 私的には、こういう映画ってあまり興味がなくて積極的に観に行くことってないのですが、行ってみるもんだと改めて思った作品でした。この時初めてバーブラ・ストライサンドという女優・歌手を知ったわけです…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/3/2012

 この映画にまつわっては過去何回かブログで取り上げてますね。
 映画を観たのは高校3年の時。内容としては、自分よりはかなり年下の子ども(11歳の2人)の幼い淡い恋を描いた作品で、それもイギリス映画。瑞々しいイギリスの町並みや風景が思い浮かびます。そして、全編ビージーズの曲が散りばめられた作品。
 何なんだろう?この映画の魅力。今でも、観た時の印象がそのまま心の中に残っているというか・・・。

 映画の…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/3/2012

映画と音楽 ~ クロス・ロード ~

  • 時代おくれ
  • 2012/3/20 09:52:00

 主役は映画「カラテキッド」で一躍有名になったラルフ・マッチオです。ただし、私的にはカラテキッドは興味もなく、この映画「クロス・ロード」で初めて知った俳優でした。 曲としての「♪クロス・ロード」は、エリック・クラプトンなどで有名で、古くはブルース・ギターのロバート・ジョンソンまでさかのぼります。ブルース・ギタリストとして超絶テクニックを手に入れる代わりに、自分の魂を悪魔に売り渡すというものです。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

19/3/2012

 アメリカンニューシネマのさきがけと言われたのが「イージー・ライダー」だったかと思います。ピーター・フォンダとデニス・ホッパー、そしてジャック・ニコルソン。アメリカ大陸という大自然の中を大型バイクで自由に走る気ままな旅という、「ラブ&ピース」的な描き方が、ある町に辿り着いてからにわかに緊張感を増し、悲劇的なラストにつながります。ずっと目に焼きついてます。それほど「何で?」って、思わせる映画でした…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

18/3/2012

 ビートルズ~ローリング・ストーンズと来たら、もうこの人でしょう。『エルビス・プレスリー』。もちろんラジオ小僧だった中学時代から知ってはいたけど、興味の対象外(失礼!)だった人で、映画で見直したというわけです。それほど映画「エルビス・オン・ステージ」「エルビス・オン・ツアー」は素晴らしかったです。いわゆるエンターテイメントを教えてくれたアーティスト(映画)でした。「・・ステージ」のほうは、197…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

17/3/2012

 ビートルズがでたなら、やはりローリング・ストーンズでしょう。映画のタイトルは「ギミー・シェルター」(1971年作品)です。この映画は神戸で見ました。1972年4月の就職を前にした貴重な春休み?、姉が住む神戸に行って、ふと見かけて入りました。映画自体は早くから知っていたのですが、長崎での上映予定もなかったので、ラッキーでしたね。  パンフレットを買って、受付にあったチラシももらってきてました。「…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

16/3/2012

 ビートルズの「レット・イット・ビー」は何度も見たのですが、一番最後に見たのが新大工町にあった映画館でした。仕事帰りに見に行きました。               

 この映画の圧巻は、何といってもアップルビル屋上でのライブシーン(レコーディング風景)ですよね。レコーディング作業中の意見の衝突や険悪なムードもただよう中、意を決しての屋上での演奏シーン。次第に熱気を帯びてくる様子が伝わってきたもの…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 25件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ