• 23件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/6/2012

音楽雑誌?? ~アエラ臨時増刊⑧~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/30 06:25:00

 この記事は、詩人:谷川俊太郎が語る「フォーク 詩の世界」というページ。
 小室等が谷川俊太郎の詩に曲をつけて歌い出した頃のエピソード、そして友部正人との出会い。さらに、高田渡や陽水、中島みゆきの詩の世界にも触れてます。

 特に中島みゆきの印象を語るのですが、1972年日比谷野外音楽堂で開催された「全国フォーク音楽祭」までさかのぼります。この時、谷川俊太郎は審査員の一員でした。詩を書いた谷川の課題曲…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/6/2012

音楽雑誌?? ~アエラ臨時増刊⑦~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/29 06:30:57

 「♪氷の世界」を最初に聞いた時は、気持ち的にぶっ飛びました。ついて行けないかも?? それまでの陽水の曲とは違う何かを感じたから・・、でも、見事に心を持っていかれました。
 この記事で登場するのは、初期の頃の陽水をプロデュースした多賀英典。そして、モップスに在籍しながらもアレンジャーとして音作りをした星勝。「氷の世界」のジャケット撮影を担当した中村冬夫。

 プロデューサーの多賀は、陽水の曲と関わりな…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

28/6/2012

音楽雑誌?? ~アエラ臨時増刊⑥~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/28 06:50:50

 もう一つアコギがらみで、映画「20世紀少年」で使われた「♪ Bob Lennon」。そこでケンヂが弾くアコギがマーティン。

 AERAでは、「20世紀少年」対談として、漫画家の浦沢直樹とフォークの遠藤賢司との興味深い企画が掲載されてます。遠藤賢司が一回りほど年上なのに、音楽的なフィールドが重なっている部分もあって、お互いに共通項を見い出しながらの対談になってます。

 映画「20世紀少年」は3部作で…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/6/2012

音楽雑誌?? ~アエラ臨時増刊⑤~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/27 06:56:32

 少し趣向を変えて、アコギのページ。坂崎幸之助が語る『名盤と名ギター』の話し。これは面白いし、楽しい。
 マーティンD-45に関しては、ガロと加藤和彦のこだわりですね。ガロは当時でも珍しかったD-45をマークとトミーが使っていたし・・・、まさにCSN&Yとおんなじ!! その頃TV見てて、キラキラしたアコギを弾いてると思いましたもんね。それに加藤和彦のアルバム「スーパー・ガス」でもD-45の音が聞ける…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/6/2012

音楽雑誌?? ~アエラ臨時増刊④~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/26 08:00:00

 1969年の新宿西口のフォークゲリラ。この状況は、今だから当時の世相=安保闘争、学生闘争、ベトナム反戦闘争と連動したものだったと分かります。でも、その時私自身は高校1年生になったばかり。ちょうど長崎国体の年でもありましたね。

 ゲバ棒を持ち、ヘルメットをかぶった学生や労働者が警官隊と対峙するTVのニュースで見ながら、遠くを見るような目をしてたと思います。「何ばしよっとやろう?」って。そして、フォー…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/6/2012

音楽雑誌?? ~アエラ臨時増刊③~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/25 06:19:00

 なぎら健壱と坂崎幸之助はフォーク史を語る上で欠かせない人物です。そのなぎらが明らかにする『フォーク黎明記』。面白いですね。自分が産まれた1952年を最初にして、年表にしたのが左の写真。1975年までビッシリと書かれてます。私のフォーク時代と重なってますね。

 先日コンサートに行ったブラフォーの初来日は1962年。翌年ピート・シガー。その翌年PPMも来てますね。1965年あのベンチャーズ来日で、日本…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/6/2012

音楽雑誌?? ~アエラ臨時増刊②~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/24 06:26:00

 『放送禁止歌』。過去ブログでも取り上げました。ただ、アエラを読んで改めて、放送禁止歌の歴史=経過が分かりました。

 放送禁止フォークの第1号は、尾藤イサオの「♪ワーク・ソング」(1966年(昭和41年))とのこと。私が12歳くらいで知る由もない。その後は、1968年のフォーク・クルセダーズ「♪イムジン河」、1969年岡林信康の「♪ヘライデ」と続くようです。このあたりは記憶にあります。


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/6/2012

音楽雑誌?? ~アエラ臨時増刊①~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/23 08:37:00

 「アエラ」って朝日新聞が出してる週刊紙ですが、その臨時増刊の「AERA IN FOLK」です。2006年4月発行です。
 普通、本屋さんに行くとまず足を運ぶのが音楽雑誌のコーナー。「アコギ・マガジン」「アコギ・ブック」「ギター・マガジン」等など、次々と見ていく感じですね。そんな中、このアエラが音楽雑誌のコーナーにあったのかどうかは定かじゃないんだけど、普通は週刊紙コーナーでしょうけど。

 雑誌・本…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/6/2012

アメリカン・ポップス② ~ブレッド~

  • 時代おくれ
  • 2012/6/22 07:40:35

 ブレッドの代表曲「♪二人の架け橋」は1970年でしたね。なんで1970年前後というのは、いい曲に恵まれた年なんだろうと思ってしまいます。
 ボーカルグループとずっと思ってたんですが、実際はキチンとしたバンドだったんですね。

 手持ちのアルバムは「ベスト・オブ・ブレッド」。ベスト盤ですね。「♪二人の架け橋」以降も「♪イフ」「♪愛の別れ道」「♪涙の想いで」など、いい曲が続きました。ただ活動期間は短かった…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/6/2012

 アメリカン・フォークとはならず、アメリカン・ポップスとしましたが、レターメンです。代表曲は「♪ミスターロンリ―」ですね。よく聞きました!!


 アルバムは1枚ありましたね。1970年前後はとにかくポピュラーが大好きで、よく聞いてましたが、レコードを買うまでにはいかない。もっぱらラジオ派でした。就職後に、ベスト盤みたいなアルバムを買うわけです。

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
  • 23件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ