• 16件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

26/3/2013

アルヴィン・リーの死去

  • 時代おくれ
  • 2013/3/26 10:16:00

 イギリスのブルースバンド:テン・イヤーズ・アフターのリーダー、アルヴィン・リーが3月6日亡くなりました。68歳です。まだ若いですよ。新聞報道では本当に小さな囲み記事扱いでしたね。 テン・イヤーズ・アフターは昨年12月26日に取り上げたばかりで、アルヴィン・リーはどうしてるのかな~という締めくくりで終ってました。 ギターの早弾きとして名を馳せたギタリストでした。ハードロックの先駆者でもあったと思い…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/3/2013

アコギ話し ~笛吹利明~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/21 06:26:44

               「笛吹利明」です。さだまさしで出てきたり、長淵剛で出てきたりでしたが、今回はサポート役ではなく主役で登場。アコギストとしては、石川鷹彦・吉川忠英・中川イサトあたりを第1世代とすると、この人あたりが第2世代になるのかな。      いろんなアコギが並んでますが、特出は、左写真上段の左。ヤマハの特注モデル=TUスペシャルですね。ピックガードの形が独特で、トップ下の方とサウ…

続きはこちら

  • コメント (4)
  • トラックバック (0)

16/3/2013

アコギ話し ~山弦~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/16 06:52:13

           「山弦」です。名前の由来は「弦を山のように・・」=アコギをズラッと集めて、というようなニュアンスみたいですね。当代きっての売れっ子ギタリストの二人です。いろんなアーティストのバックで弾いています。スタジオミュージシャンでもあり、ライブミュージシャンでもあるという、正にオールマイティなギタリストです。 写真右の佐橋佳幸は、渡辺美里、小田和正、桑田佳祐等などさまざまなアーティスト…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

14/3/2013

アコギ話し ~BAHO~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/14 06:35:35

               AGM4号にはあの『BAHO』が登場!! 『BAHO』って誰?って思うでしょうね。写真で分かる通り、CHARこと竹中尚人と石ヤンこと石田長生のアコギデュオのバンド名です。バンド名の由来は、バカとアホのコラボ見たいですね。ユニークというか、大人のお遊びというか・・・? 生で見たことないし、TVで見たこともないのですが、その存在だけは伝え聞いていたというバンド。当時、アコ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

13/3/2013

写真日記 ~川が現れた!~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/13 06:06:15

 大黒市場と恵比寿市場が完全になくなり、川の姿が現れました。見事な三面張りの川ですが・・・。               これが本来の姿!? 長年にわたって市場街を見ていたので風景が一変しました。建物が撤去され、まだまだ工事の真っ最中ですが、河川を含め、川沿いの道路=遊歩道?など一帯が整備されると、どういう風景になるのか楽しみです。  昭和の情緒を感じることができた市場街の風景は、その撤去が決まっ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

12/3/2013

アコギ話し ~CSN&Y~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/12 06:47:30

                                           AGM3号はCSN&Yの特集で、通な特集が組まれています。4人が出会う経過から詳しく触れられています。スティーヴン・スティルスとニール・ヤングの確執というか、仲が悪いというか、4人組バンドとしての魅力も感じながら、どうしようもない時期があったことも赤裸々に語られてますね。ただ年齢を重ねながら、お互いの才能を認め合…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

10/3/2013

アコギ話し ~D-45特集~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/10 07:13:03

  AGM4号は「D-45」特集でした。それも戦前モデルから説明されてます。丁寧ですね。アコギファン、マーティンファンにはたまらない取り上げ方です。 D-45第1号となった1933年製D-45はジーン・オートリーオーダーのものでした。12フレット・ジョイント、スロッテッド・ヘッドという特注品仕様。              左写真がそうですね。指板のインレイに彼の名前がデザインされています。右写真…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

9/3/2013

写真日記 ~諫早湾の自然⑥~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/09 06:56:07

              愛野町の旧堤防に立って、早春の雲仙を見ています。山の上は雪景色です。田圃には青々とした風景が広がっています。いい風景です。               高来町の海岸に小型船が係留されていました。これで近場の漁に出掛けていたのでしょうね。寂しさを感じる光景でした。 2009年2月。今から4年前ですがブリックホールで開催された「美のつどい・冬展」に出品する機会があり、その時…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

8/3/2013

写真日記 ~諫早湾の自然⑤~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/08 06:36:39

  もう少し続けましょう。旧堤防沿いの周回道路を走りながらの風景です。                早朝、高来町の海岸から見た雲仙の姿。冬の海の輝き、煙る中に頭を出した普賢岳。朝早く来た者しか見れない風景です。これだから写真撮影は止められません。         左は吾妻町側から、右は愛野町からの撮影です。右の風景を見ると、ここは「長崎? 諫早?」って気になります。    陸地側から見るので内海…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

7/3/2013

アコギ話し ~石川鷹彦のD-45~

  • 時代おくれ
  • 2013/3/07 06:46:00

               アコースティック・ギター・マガジン(AGM)第2号、石川鷹彦特集でしたが、第3号には「マーティンD-45」が紹介されてました。というのも、この号から、アコギストの所有ギターの紹介が始まり、その第1号が石川鷹彦だった、ということです。      憧れのアコギです。氏所有のD-45は1971年製のもの。改造も加えられているようで、指板やペグの交換なども行われてるようです。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 16件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ