• 11件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/6/2013

アコギ特集 ~リッケンバッカー12弦~

  • 時代おくれ
  • 2013/6/30 08:13:30

               エレキでお馴染みのリッケンバッカーですが、アコギも製造してます。しかし、12弦は知りませんでした。特にヘッドの糸巻き=チューニングマシン部の構造に着目です。スロッテッド構造とソリッド構造を一体化した糸巻きは一体全体どうなっているのでしょうか? 12弦の場合どうしてもヘッド部が長めになりますが、このギターのヘッド部は普通に見えます。しかし、どう見ても複雑に見えます。 さ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/6/2013

アコギ特集 ~キソ・クライン~

  • 時代おくれ
  • 2013/6/29 08:00:00

                「KisoKlein」(キソ・クライン)というギターです。ギタールシアーのスティーブ・クラインと日本のアコギメーカー(=タカミネ)とのコラボで生まれたブランドらしいです。 ネック交換が可能、エンドピンあたりがパカッとはずれるアクセス・ドアなど、これまでにない特徴を有したアコギのようですね。そして、ブリッジ部です。ブリッジピンが123弦、456弦で分かれてます。面白い…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

28/6/2013

新旧コンデジ

  • 時代おくれ
  • 2013/6/28 05:39:48

 先月、時津に移転した「カメラのキタムラ」で購入したコンパクトデジカメ=オリンパスTG625。右側の機種です。最後の1台で、白いボディしか残ってなかったのですが即購入。他メーカーもありましたが一目ぼれ見たいな感じで決めました。新機種が春に出たので型落ち=旧型、しかし基本性能が気に入ったし、手頃な値段で出てたわけです。 左はこれまで長いこと使っていたリコーのカプリオR6です。これはこれでよくできたコ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/6/2013

 先日amazonから届いたジョン・フォガティのCD。ポップなCD盤の意味をお伝えします。実は何でもないことなのですが・・。          と、こういうことなんです。チェックのネルシャツをデザインした盤面なんです。フロントの写真はいつもの地味目のポートレート風ですが、開くとネルシャツのチェック地が表れるわけなんです。 CDの上が小冊子=ライナーノーツですね。これも表紙はデニム地風の写真。いい…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/6/2013

 昨日土曜日は仕事で遅く家に帰りました。そしたら、amazonに頼んでいたJ・フォガティの新譜が届いてました。さっそく開けてみたら、Oh~これまでになくポップさを感じるCD盤が現れました。              CCR時代にしろ、J・フォガティのアルバムにしても、これまでにあまりポップさを感じる意匠はほとんど記憶になくて、どちらかというと地味で、泥臭い(ファンとはいえ失礼)イメージしかなかった…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/6/2013

 先日、木曜日夕方。用事で車に乗り込んだら、NBCラジオから「♪フール・ストップ・ザ・レイン」が流れてきて、J・フォガティの新譜紹介やってました。ということは、今週初めから特集だったんだあ!と思い当たりました。 それくらいラジオを聞くことがなくて、毎週日曜日の達郎の「サンデー・ソングブック」くらいでした。ましてAMを聞いてなかったですもんね。そうそう、昼休みに弁当食べながら、ラジコを聞くことはあり…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/6/2013

閑話休題 ~ジョン・フォガティ新譜~

  • 時代おくれ
  • 2013/6/21 05:57:17

 ここずっと音楽ネタから遠ざかっていたので、ここら辺で1発。 御年68歳のジョン・フォガティが5月下旬に新譜を出しました。『Song For Everyone』というタイトルです。ぜひ聞きたいと思いました。輸入盤が少し安いですね。 というのも、先日、仕事帰りの車で、何気なくラジオをつけたら、「♪フォーチュネイト・サン」が流れてきました。え~っ、何これ~と聞いてたら、新譜の紹介でした。アルバム構成が…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

11/6/2013

閑話休題 ~興味津々③~

  • 時代おくれ
  • 2013/6/11 06:40:00

 日曜日の朝、ビートルズの「♪ ハロー・グッドバイ」で始まるTV番組「ボクらの時代」。6月9日は平泉成、田中健、中村梅雀の3人。なかなか面白い組み合わせ。刑事役もやれば悪役もこなすという3人ですが、そろって年下妻ってのも面白いですね。 まあ、そんなことはどうでもいいことで、3人揃って音楽っていう共通の趣味があるってことでした。田中健のケーナ演奏は知ってましたが、平泉成のケーナ製作、なかでも中村梅雀…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

10/6/2013

閑話休題 ~興味津々②~

  • 時代おくれ
  • 2013/6/10 06:49:16

 その2は、バタヤンとは対極の、クラフトワークです。記事を見るまで忘れてました。1970年結成のドイツのバンドですね。エレクトリックというか、コンピューター・ミュージックの元祖ですね。今風にいえばおたく系といえば語弊があるかもしれないですが、一世を風靡したYMOの大先輩ということになります。洋楽でいうと、ELP(エマーソン、レイク&パーマー)やELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)など、相…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

9/6/2013

閑話休題 ~興味津々①~

  • 時代おくれ
  • 2013/6/09 11:01:13

 先週から思ったことや感じたことなどの雑感編。愛読週刊誌「週刊金曜日」の文化面に面白い記事。 その1は、先日94歳で亡くなった田端義夫(通称:バタヤン)。映画が出来てるんですね。知りませんでした。「オース! バタヤン」って映画です。何といっても、あのボロイ(失礼、年季の入ったと言い直し)、アメリカのナショナル製のエレキギターですよ。読んでると、この人は数々の逸話の持ち主なんですね。この映画見てみた…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
  • 11件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ