• 18件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

31/7/2013

祝 通算700号!

  • 時代おくれ
  • 2013/7/31 11:26:00

 祝600号からもう100日。通算700号になりました。2日前のことです。早いもんです。年を取るはずです。 さて、私的に音楽で700号を祝う曲は何か?って問うた時に、ずっと気になっていたグループがあります。モンキーズです。中学生の時大好きでした。毎週TV番組もありました。どこかでブログに出したいなあ~と思いながらも結局スルー状態になってました。  この間、どこかでひっかかると思っていたんです。例え…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/7/2013

閑話休題 ~ガロ再結成?~

  • 時代おくれ
  • 2013/7/26 07:03:29

  先日TVを見てたら、ガロのマーク(堀内護)の昔の写真が出てきて、ガロとしてなのか、マークなのか定かじゃないけども、9月に新譜CDが出るという。CDにはガロの文字があったようなないような・・・。どうも、スポーツ新聞ネタのようでしたね。 解散後、ずっと待ち望む声はあったと思うのですが、それぞれソロ活動に移る中、トミーが亡くなり、マークもソロアルバムを数枚出したくらい。ボーカルは、伊勢正三や大田裕美…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/7/2013

アコギ雑感 ~ピックの話し③~

  • 時代おくれ
  • 2013/7/24 06:35:01

 ピックの最後は、ユニークなタイプに属するピックの紹介です。 まず、サムピックのようで、フラットピックみたいにも使えるってタイプ。左の白のタイプが、山崎まさよしが使っているという事で買ってみたもの。慣れもあると思いますが、独特ですね。右は同じような作りで、親指を差し込む部分の取り付け位置が真ん中になるというK・ヤイリ製のもの。これも独特です。買いましたけどほとんど使ってないですね。 あとは、キャ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/7/2013

アコギ雑感 ~ピックの話し②~

  • 時代おくれ
  • 2013/7/23 06:50:36

 サムピックですね。フラットピックを使う事が多いのですが、曲によってはフィンガーピックの方がいい場合もあります。でも正直苦手な分野です。サムピックを使うと音はキチンと出るのですが、高音弦とのバランスを取りきれません。低音弦ばかり鳴りすぎる感じがして・・・。 そのため、いろんなタイプのサムピックを買う結果になってます。左上の黄色はアニーボール製です。タカミネやいろんなタイプがありますが、一番使いやす…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/7/2013

アコギ雑感 ~ピックの話し①~

  • 時代おくれ
  • 2013/7/22 09:36:00

 ピックは衝動買いみたいにして、楽器店に行くとつい買ってしまいます。楽器店に行くのは楽器を見るのが目的ではあるのですが、ピックや弦、チューナーなんか小物のコーナーも見て回ってますね。             今一番使っているのがフラットピックですね。特にオニギリ型が多いです。左からマーティン、フェンダー、アリアプロⅡ、GLなどが主軸です。すべてミディアム仕様です。  あと、ティアドロップ型ですね。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/7/2013

アコギ雑感 ~カポの話し~

  • 時代おくれ
  • 2013/7/21 16:26:52

 アコギとともに長年使っているカポタスト。本当に便利なアイテムです。ハイコードを押さえなくすむように使ったり、キー合わせに使ったりとさまざまですね。グループの場合は、曲の途中の転調で、素早くずらしたりと・・・、本当に重宝していますね。  左上のバネ式のカポを長いこと使ってました。もともとはガットギター用なのですが、フレット間の移動が簡単でした。もともとはゴム式のカポをいくつか使っていたのですが、い…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

19/7/2013

壱岐にて⑤

  • 時代おくれ
  • 2013/7/19 06:57:34

 島内見学は筒城浜で最後のつもりだったのですが、1時間ほどまだ余裕があるとわかって、急きょ島の反対側「猿岩」に向かいました。約30分ほどで走って到着。福岡側から対馬側の海に出たわけです。黒崎半島の突端部分で、いきなり視界が開けて駐車場の奥に、猿岩が表れました。              もうこれは立派な自然の芸術ですね。まさに猿の横顔。まぶたもあります。スクッと立つ猿回しの次郎のような後ろ姿です。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

18/7/2013

壱岐にて④

  • 時代おくれ
  • 2013/7/18 06:45:18

                壱岐空港の真下に位置する「筒城浜海水浴場」。車で浜に向かおうとした時に、駐車場から海辺が見えないので、何処?って感じですが、西側の駐車場の方が分かりやすかったようです。沖縄を思わせるマリンブルーの海が飛び込んできました。 海開き前のようですがすでに海に入っている人がいましたね。気持ち良さそう!!水泳  この付近は、大浜、錦浜と海水浴場と続いていて、どこも砂浜がきれいで、…

続きはこちら

  • コメント (3)
  • トラックバック (0)

17/7/2013

壱岐にて③

  • 時代おくれ
  • 2013/7/17 10:49:48

 次は「原の辻遺跡」というか、「一支国博物館」です。展望所に上がって周囲を360度見渡せます。壱岐市はほぼ平地でちょっと高い場所に登るとけっこう周囲が見渡せる感じです。        博物館の建物は黒川紀章氏の手によるもの。芝生が敷き詰められた屋上が周囲の自然に溶け込むようにデザインされています。時間がなかったので見学そのものはできませんでしたが、今度来た時はここだけは押さえておきたいコースです。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

16/7/2013

壱岐にて②

  • 時代おくれ
  • 2013/7/16 06:54:33

 レンタカーを借りてたので、商店街のお土産屋さんで先にお土産を買って、それから島内を回りました。まず、「はらほげ地蔵」に。TVや観光雑誌で見たことはあったのですが、漁師町の港にひっそりとありました。        ちょうど干潮時のようで潮が引いてました。満ちた時の足もとまで浸かっているのを記憶してましたね。胴体部分は当時のままだと思うのですが、頭の部分は風化というのか、表情すらわかりません。コン…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 18件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ