• 15件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/5/2014

CCRFCこぼれ話 

  • 時代おくれ
  • 2014/5/30 08:12:38

 先日のカウントダウンで紹介しきれなかったというか、掲載から漏れた写真を6点ほどアップします。一応用意していたけども、多すぎる感じがして残していたものです。 左が会員名簿ですね。右はCCRの経歴・プロフィールです。当然のごとく、FCメンバーの必携ですね。    右はFC活動をまとめたものです。数人のスタッフで手分けしながら取材=記事集め、レコード評や感想手配、売りたし・買いたしコーナー、会報の作…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/5/2014

カウントダウン1000 ③

  • 時代おくれ
  • 2014/5/25 07:10:59

         いつか書こうと思っていたCCRFC(ファンクラブ)のこと。手許にある会報は17号から24号まで。24号はFC解散の最終号でしたね。 ガリ版刷りで、中には青焼き(昔のコピーは青かった)ページも入っていて、書き手を分業したため、読みやすい文字、読みにくい文字、下手なイラスト(失礼)など、手作り感満載の会報でした。でもそれだけにめっちゃ好き!というのがにじみ出ていました。そして最終号…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/5/2014

カウントダウン1000 ②

  • 時代おくれ
  • 2014/5/24 06:24:29

 CCRはやっぱり4人ですよ。ジョンとその兄トムがいて、ダグとスチュアートがいるってことです。 1971年にトムが脱退したため1972年2月の日本公演は3人でした。トム脱退の詳しい真相はわかりません。音楽的な違いって一般的には言われてますが・・・。結局1972年暮れの解散につながりました。 トムは脱退後まもなくソロアルバムを出しています。ファーストアルバム以降5枚ほどアルバムを出したようですが、1…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/5/2014

カウントダウン1000 ①

  • 時代おくれ
  • 2014/5/23 09:01:37

 まことに個人的なことですが、この日曜日にブログが1000回になります。それを祝して?、今日から超個人的カウントダウンを始めようかと思い立ちました。 カウントダウンとなれば出てくるのは、何の脈略もないですが、私の場合は誰が何と言おうとCCR以外にいません。1970年から聞き始めて今に至ってるわけで、私の原点みたいなもの。 高校を卒業して社会人になった1972年。その年の暮れにCCRは解散。バンドを…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

22/5/2014

閑話休題 ~雑感~

  • 時代おくれ
  • 2014/5/22 10:20:04

 音楽関連でASKAの件。Chageは全国をコツコツと回るライブを積み上げている中で、ASKAどうしたちゃったの?と思いますね。キチンと立ち直ってもう1回、あのハーモニーを聞かせてほしいです。ちなみに私は「♪ 万里の河」が大好きです。 そして、ポールかな。TVでは元気な姿で飛行場に姿を見せてくれたからね。都内で入院中ってことで、コンサートの中止も何も病気のほうが心配ですね。ちなみに私、土曜日からT…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

14/5/2014

ニューミュージック・マガジン⑥

  • 時代おくれ
  • 2014/5/14 09:19:23

 一応シリーズ最後ですが、広告ページに時代を感じます。「話の特集」、それに「ガロ」の広告が掲載されています。 これ以外にも、東京都内、大阪、京都を中心に、レコード店やロック喫茶など地域情報が満載です。      あと、二光通販の広告もあります。音楽雑誌なんで当たり前といえば当たり前ですが。 今は懐かしいパール製ハミングバードモデルの分割払い特価27,000円(ケース付き)は安い。林楽器製作所の製造…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

13/5/2014

ニューミュージック・マガジン⑤

  • 時代おくれ
  • 2014/5/13 07:06:50

 NMM連載の「とうようズトーク」。中村とうよう氏が語るアーティストやいろんな曲に対する思い、疑問など、ある種辛口な批評も含んだコラムです。 私は若い頃はほとんど読み飛ばしていたと言っていいでしょう。興味のあるページをほとんど読んでしまった後、二巡目に読む感じ。それほど難解で、辛抱して読み進める・・みたいな内容です。 1972年4月号は正にそういう感じ。ラテン・アメリカなどそういう国の人たちはリズ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

12/5/2014

便利グッズ

  • 時代おくれ
  • 2014/5/12 09:25:00

 ギターケーブルです。ただ、間になにやら付いています。 パッと見にはイヤフォーンケーブルのようにも見えますね。あれこそケーブルの間に一時停止やらボリュームがありますから・・・。  その拡大写真ですね。ギブソンの名が入ってます。 昨日インターネットニュースに出ていました。何と、日本のTASCAM(ティアック社)との共同製作となってます。この途中に入っているユニットこそ日本の技術とのこと。 確かに、ソ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

11/5/2014

ニューミュージック・マガジン④

  • 時代おくれ
  • 2014/5/11 11:59:27

 1973年4月号では、私的に大好きな企画ページ「ロックアルバム100選」を掲載。1972年あたりまでのセレクトになっていて、聞き逃したり、買いたいアルバム、知らなかったアルバムなど、解説陣が懇切丁寧に語ってくれる内容です。ほんと、参考に、目安になりました。 CCRのアルバムは中村とうよう氏が執筆し、「クリーデンス・ロカビリー・リバイバル」を推奨しています。CCR第4作で正式には「ウィリー&プアボ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

10/5/2014

ニューミュージック・マガジン③

  • 時代おくれ
  • 2014/5/10 08:42:17

     1972年4月号には「第3回ニューミュージック・マガジンレコード賞」が掲載されています。 71年4月から72年3月までに「今月のレコード」欄に取り上げられたレコードを中心に、期間中に日本国内で発売された全レコードが投票対象になるというもの。こういうの好きでした! ベスト・ロック・アルバム金賞    ・ニール・ヤング「ハーヴェスト」 ベスト・ロック・アルバム銀賞    ・ジョン・レノン「…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 15件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ