• 15件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

29/11/2014

H君のD‐28

  • 時代おくれ
  • 2014/11/29 05:31:52

 先日久しぶりにアコギ仲間のH君がやってきました。家に来たのは何ヶ月ぶりになるかなあ~。 今年秋の公民館まつり(大籠町と深堀町)は、彼のバンド:サウス・ウィンドとしてアコギ、バンジョー、フラットマンドリンの編成で出演したとのこと。もともとブルーグラスバンドなので、これが彼の主流。 今回1年ほど修理に出していたマーティンD‐28が戻ってきて、音がよくなったので聴いてみてということで、引っさげて来ま…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/11/2014

The water is wide ~ボーカル番外編~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/25 08:17:01

 前回で最終回だったはずが、欲張りな性格で・・・。どうしても紹介したくて、番外編で取り上げたのが、現在もオリジナルメンバーで活動中のシーカーズです。50周年になるんですね。驚きです!! 60歳以上の方は、曲を聴いたら思い出すと思います。1966年リリースの「♪ジョージ・ガール」という大ヒット曲です。私は中学1年。ラジオから流れてきた爽やかなハーモニーに魅了されました。このグループが日本のカレッジフ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/11/2014

The water is wide ~アコギインスト編⑤~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/23 09:22:04

 アコギインスト編の最後は、クラシック的なアプローチから聞く「♪The water is wide」。Youtube上でいろいろ聞いていたら見つけました。シットリと聞くとしたら、ガットギターの優しい音色でしょうね。 「現代ギター」誌とタイアップした画像がありました。同誌はたまに興味を弾くアーティストが載った時にページを繰るくらいで、購入したことはありません。渡辺香津美や村治佳織などが取り上げられ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/11/2014

The water is wide ~ボーカル編⑤~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/22 07:16:23

  「♪ The water is wide」も5回目となりましたので、ここら辺で一旦終了しようかと思っています。そのラストを飾るのは、男性ボーカルとして取り上げたいジェームス・テイラーです。 ソフトに語りかけるようなボーカルとともにギターの使い方がうまいって感じるんですね。やっぱりいいです!!  小編成によるアレンジですね。この他にもオーケストラバージョンがあったり、奏法を解説する映像も多いです…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/11/2014

The water is wide ~アコギインスト編④~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/20 07:37:00

 久々の登場、中川イサトちゃんです。何かのイベントだとは思いますがまさかのサンタ姿で弾いてます。あまり嬉しそうな表情ではないですが、これが持ち味の方です。 ボーカルが入るので伴奏という感じですが、途中ソロが出てきますね。こうして見るとアコギストによって弾き方の違いはもちろん、曲のアレンジも違うことがよく分かります。 「♪ The water is wide」については、彼が2006年にリリースした…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

19/11/2014

The water is wide ~ボーカル編④~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/19 08:03:45

 ボーカル編④はジョーン・バエズ。初期の頃の映像がアップされているのですが、インディゴ・ガールズとの共演版をピックアップしました。 ジョーン・バエズは過去ログで手持ちアルバムの紹介コーナーで取り上げました。高校生当時、買ってもらったギターでよく弾いていたのが「♪ドナドナ」でしたね。この曲は、初心者にとってコードが単純で弾きやすいし、メロディも分かりやすかったことからよく弾いてました。 そのジョーン…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/11/2014

The water is wide ~アコギインスト編③~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/15 09:40:43

 トミー・エマニュエルとスティーブン・ベネットによる「♪The water is wide」。ハープギターは初めて登場です。低音側に6弦プラスした音域の広さが特徴です。ハープギターは18弦や24弦など仕様がたくさんあります。 余談ですが、ハープギター奏者は外国では多いのですが、日本では安田守彦さんくらいで、ギター製作家:内田氏のハープギターを使用している数少ない人ですね。関連URL:http://…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

14/11/2014

The water is wide ~ボーカル編③~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/14 10:07:12

 ボーカル編③は白鳥英美子。彼女の歌声はこの曲のイメージにピッタリです。過去ログでも「♪アメージング・グレース」を取り上げましたが、外国の曲でこういったトラディショナルな作品を歌いあげる日本人アーティストは希少な存在だと思います。関連URL:http://emikoshiratori.woodgreen.jp/   1969年トワ・エ・モワとしてのデビューは新鮮でした。それまではグループサウンズ(…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

12/11/2014

The water is wide ~アコギインスト編②~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/12 08:34:03

 さて、アコギインスト編②は、このブログ初登場の若きアコギスト:チョン・スンハ(Sungha Jung)です。1996年韓国生まれの18歳。 Youtubeで彼の演奏を見て聞いて驚きました。テクニックの確かさ、音楽性の豊かさです。演奏する曲・ジャンルを選ばない幅広さは彼の持ち味なんだと思います。 2009年にはファーストアルバムをリリース。同年9月には初来日を果たしています。押尾コータロー、岡崎倫…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

11/11/2014

The water is wide ~ボーカル編②~

  • 時代おくれ
  • 2014/11/11 08:23:41

 ボーカル編の二番手はピーター・ポール&マリー(PPM)です。曲名が「♪There is a ship」となっています。歌詞の順番が違っていて、カーラが歌うバージョン1‐2‐3番を3‐2‐1の順で歌っています。 面白いですね。歌詞の順番が入れ換わるというのは、あまり聞いたことがありません。一応、直訳詩を上げておきます。       「The water is wide」Ⅰ.向こう岸は遠くて渡れない…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 15件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ