P4260202 オイル警告灯が点く原因の一つには圧力スイッチの故障も挙げられます。
この故障であれば修理は一番簡単なんですけどね。
まずはこいつをチェックしてみようとエンジンから取り外して家に持って帰りました。

P4260200 どうやってチェックしようかと考えましたが思いついたのがこの方法。…

続きはこちら


船を出したいと思いながらもトレーラーに手を取られていてなかなか出航できずにいましたが友人を誘って今日やっと出航出来ました。
このSB2、リグがややっこしいのでなかなか一人では動かすのが難しいです。

出航してしばらくは機走、エンジンからの煙は無事解消されたようです。
もう一つのチェックはスロットルを開けた時の黒煙、さて燃料噴射ノズル交換の効果はあったでしょうか。…

続きはこちら


SB2 エンジンリモコン計画

  • Tomi
  • 2017/4/24 23:18:00

SB2の最大の悩みはキャビンが油臭いこと、嫁さんも嫌がって乗ってくれないし友人を誘って中でビールを飲む気にもなりません。
臭いの原因はエンジン回りに漏れた軽油なんですがなんといってもエンジンはキャビンから隔離されてなく丸見え、キャビンと言うよりエンジンルームに居るようなものですから臭うのが当たり前ですよね。

臭い対策は「臭い物に蓋をする」の言葉のようにエンジンをキャビンから仕切ってしまうのが一番なんで…

続きはこちら


SB2 ボートフック

  • Tomi
  • 2017/4/23 23:08:16

SB2は係船はお尻から接岸していますが毎回すったもんだと苦労をしています。
頭から突っ込めばもう少し簡単なんでしょうが初めての接岸で舳先を岸壁にぶつけてしまったトラウマと頭からは乗り降りがやりづらいせいもあってなかなかその気にはなれません。
お尻から接岸するときには舵の効きが悪くてなかなか思うところにお尻が入ってくれずブイに繋がれたロープをつかむのに一苦労。
P4230209  で、長いボートフックがあればロープ回収が…

続きはこちら


一晩経って固まったパテ、今日は整形です。
カンナを使って余分なパテを削り始めましたが思っていたよりもパテが固くなかなか削れません。
暫く頑張ってみましたが埒が明かないので電気カンナを引っ張り出しました。
電気カンナを使うといつも失敗するし、削りくずが飛び散るのであまり使いたくなかったんですが背に腹は代えられません。
ブイーンてな感じで手カンナに比べて効率よく削ってくれます。…

続きはこちら


最新記事一覧