SB2 ラダープーリーカバー

  • Tomi
  • 2017/6/23 23:57:00

DSCN4507 何て呼べばいいのか知りませんのでラダープーリーと呼んでおきます。
船尾のトランクルーム内に舵輪からワイヤーで動かすためのラダープーリーが設置されています。
以前から気になっていたのがこのワイヤーとプーリー、カバーが無くむき出しのままです。
このトランクの中には燃料タンク、予備燃料ポリタンク、アンカー、アンカーロープ、などなどいろんなものが入れられています。
心配なのは船が傾いた時に中のものが動いてプーリ…

続きはこちら


「口之津~小浜セーリングと一泊ビールのお誘い」なんてメールをいただいて二つ返事で参加の返事。
小浜は温泉でも有名ですから温泉の楽しみもプラスされますしね。
と言うことでトレーラーを引っ張って小浜まで出かけてきました。

P6190029     今回お世話になる船は口之津から回航していただいたST27「たかひろⅡ」です。…

続きはこちら


初代SB 船外機が動かない

  • Tomi
  • 2017/6/18 00:25:20

久々に初代Spring Beautyを海にと思い準備開始。
まずはエンジンのチェックからです。
海の上でエンジンが起動できないと大変ですからね。

DSCN4502 新しいガソリンを入れて、ポリのごみ箱に冷却水を張りテスト準備完了。 (この写真は修理が終わった後に撮ったものですがこんな感じで動かしています。)…

続きはこちら


後遺症と言う言葉がいいのかどうかわかりませんが前回の鹿児島キャンプから帰宅して 判明したトラブルが2つ。

DSCN4419一つ目はレンジフード排気ダクトのフラップ、走行中に風であおられて壊れて落ちたのか家に戻ったら無くなっていました。

DSCN4418 二つ目はリア下側の外板パネル押さえ金具の落下紛失。…

続きはこちら


さて昨日の続きです。

DSCN4484 取り外したレンズを綺麗に洗い再取り付け、その前に内側のアルミ板がゆるゆるしてるのでピタガンで補強しておきました。
このレンズ、ネジ締めしても本体枠との間は隙間だらけ、かと言って電球交換を考えるとシーラントを使う気にはなれず多少の水の侵入は許すことにしました。
DSCN4496 で、入ってきた水は中にとどまらずに速やかに反対側から出て行ってもらうようにレンズの下側に穴を開けておきました。…

続きはこちら


最新記事一覧