バルクヘッド隙間何とか舟の形になったけど、やっぱり気になるところが有って、前半分の船底合わせ目がちょっと大きめ、船首部バルクヘッドと側板との間に結構大きな結構大きな10mm近い隙間が、ワイヤーを力いっぱい絞めこんでみても(切れてしまう銅線もあったりして)なかなか近づいてくれません。
エポキシで埋めれば何とかなるかなとも思いますが、そこは根が家具職人の息子、なかなか「ま、いいか」の気分にはなれません。ワイヤーを目いっぱい引っ張っているのもワイヤーを外したときにエポキシで持つかどうかも気になるところ。 思い切って船首部バルクヘッドを作りなおすことにしました。
バルクヘッドを留めているワイヤーをニッパーで切ってと、あれ、切った時にバシンと音がするくらいリアクションがあると思っていたのに意外と静かです。 最初の取り付けのときには嫁さんの体重が必要だったのにーーー?
どうもセンターのバルクヘッドを取り付けた時点で形が固まってしまいばねで戻る量が少なくなっていたようです。
船首部バルクヘッドを取り外して船底の合わせ目のワイヤーを絞ってみると完全にくっつくまでは行きませんが大分隙間が小さくなりました。
この状態で船体の現物を測定して、(結構やりづらいです)、ダンボールで型紙を作りフィット具合を確認。一度目はまだ隙間が大きくやり直し。何とか船底の形をコピーできればいいんだけど。
結局めんどくさいので船底の凹面は無視して直線で型紙を合わせ隙間をまた測って合板を切ることにして、ダンボールが何とか収まったので今日はおしまいです。
ダンボール型紙
ここまでは過去にやった作業を一気に書いてしまいましたが、ここでBlogが作業に追いついてしまったので今後の更新のスピードはうんと遅くなって作業の進み具合と一緒になります。気長に付き合ってください。
 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/257938