車 牽引登録

  • Tomisan
  • 2013/3/06 23:08:25

車検証ボートは基本的には軽トラの荷台に載せて運ぶつもりですがベンツで引っ張る方法もあるなと思い始めました。
日本に帰ったらキャンピングトレーナーでも引っ張って旅行でもしようかとベンツ用のヒッチとランプ用のリレーを購入済みだったのですが、
ここ3年物入れに入れっぱなしです。
(この車を選んだ理由の一つが牽引改造が簡単に出来そう、というのもありました。)
手付かずだった理由は、キャンピングトレーラーが未購入で必要がなかったのが大きな理由ですが そのほかにもトレーラーとトラクターのペアでないと車検の変更登録が出来ないと思い込んでいたこともあります。
なんとなくウェッブの牽引関連のページを見ていたら、アメリカにいるうちに法規が変わり、トラクター(ヘッド)だけで牽引の登録が出来ることを発見。
要は牽引登録をしておけば記載された重量以内であれば何でも引っ張れるようになるとのこと。
なーんだ、トレーラー買わなくても登録できるじゃん、 思いたっら即実行、牽引可能なトレーラーの重量計算方法など調べてみます。
計算に必要なのは車検証に記載されている情報以外に制動力なるデータが必要なことが分かりました。
早速ベンツ・ジャパンに問い合わせてみましたが古い車種で分からない陸運事務所に聞いてくれとのこと。
で、陸運事務所に問い合わせてみると、やっぱり古い車種なのでデータが無い、実測しましょうとの返事。
翌日の午後、会社の半休を取って陸運事務所に車を持ち込みました。
ブレーキテスターでタイヤが回り始める時点での耐力を測るのですが、結局タイヤが回り始める前に車全体が引きずられてしまいます。
輪留めをしてくれて再測定してもそのまま輪留めの上に引き上げられてしまいます。
ブレーキ自体の制動力ではなくタイヤが滑り始める時点での制動力になってしまいますが、この数値で計算して問題がありそうだったら何か手を考えましょうとのこと。
計算結果は法定目いっぱいの制動装置無し750kg、制動装置あり1990kg (あれ1980kgだったかな?)--ま、とにかく目いっぱいです。
車検証にこの数値を記載してもらって終了です。
かかった費用は申請用紙の5円だけでした。安
これでヒッチを取り付ければいつでもトレーラーを引っ張れます。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/258356