エポキシコートも終わったし、そろそろ3艘目の製作に取り掛からなければいけません。 3艘目は今作っているディンギーと違って期限付きですから。間に合わないと親父が乗って行けません。 この船もステッチ アンド グルーで作ることにしました。今回はキャビン付きのクルーザーです。これをこの週末に作ってしまう予定。
え、何を作ろうとしているのかわからない。
実は今度の盆は親父の初盆で精霊船を作って親父を送ろうと思っています。 義弟は今製作中のディンギーに爆竹を山盛り積み込んで親父を送ったらなどと勝手なこと言いますが、それは私の初盆までとっておくことにします。どんな船にしようかなとちょっと考えましたが去年作ろうとして取りやめにしたカタマランの片側をモディファイして作ることにしました。ステッチ  でいきなりステッチした後の写真です。全長で約1.5m、材料が2.5mmのベニアなので簡単に切断、曲げ、が出来ます。
グルーはエポキシではなく写真にもあるようにホットグルーです。 これだとすぐに次の作業に移れます。 親父が文句を言うかもしれませんが水漏れも気にしなくてすむので作業は早いです。
左右に渡した補強材もまずはタッカー(大きなホチキス)で仮止めしてグルーで固めます。次にキャビン、家ですね、を作って乗っけます。
船体は最初は前後対象だったのですが前後をはっきりさせるため尻尾にトランサムを予め接着して切り落とします。これで船尾らしくなりました。船首と船尾に甲板を貼り付けて1日目終了。キャビン 船尾
嫁さんにはディンギーに使った帆の残り布で小さな帆をこしらえ、「西方丸」の文字も入れてもらいました。

甲板 2日目はまずは甲板張りから、最初は船首と船尾のデッキだけ作ればいいかなとも思っていましたが見栄えが良くないので全部甲板を張ることにしました。この作業寸法合わせに結構時間がかかるんですよね。
でも張ってしまうとすごく見栄えが良くなりました。 よしよし。
塗装もどうしようか悩んだんですが、手持ちにチーク色の着色ニスがあったのでこれを塗ることに。 屋根の部分は黒にしたかったのですがあいにく手持ちはスプレーしかなく、周囲を汚しそうなので近所のホームセンターまで急遽、水性のペイントを買出しに行きました。
で、ペイント後の完成した姿がこれ、結構満足です。
 なんとなくアラビアのダウ船ににています。(追加で写真アップしました。ね、似てるでしょう。)
提灯とか飾りつけはまだですがこれなら親父も文句言わずに乗ってくれるでしょう。
完成ダウ船
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/260839