精霊船 飾りつけ

  • Tomi
  • 2013/8/05 00:33:42

精霊船 完成 精霊船に飾りつけをしました。
その前にちょいとトラブル発生、車庫で作った精霊船を家の中に持ち込んでる最中にどこかに引っかかったのかもともと弱かったのか原因はよくわかりませんが船尾の部分が剥がれてしまいました。 やはり、ホットグルーはエポキシなどに比べて弱いようです。また穴を開けて銅線を通して接着のやり直しをしました。 精霊船のキャビン(屋形)に親父の写真とか装飾をして内側に照明を入れたかったので普通のコピー用紙ではちょっと暗くなるかなと思いトレーシングペーパーを購入, プリントした後ピタガン(ホットグルーのことです)で貼り付けます。 豆ちょうちんをぶら下げ、「みよし」に家名を入れ、最後に造花とモールで飾り付けて完成です。
「みよし」は船のへさきにつける豚の鼻状の飾りで家名などを入れます。これは長崎だけの独特な飾りのようです。 里のほうでも精霊船の風習はありますがこのような飾りは見たことがありません。 ここには精霊流し当日に照明を入れるため、今のところは銅線で仮止めしているだけです。 
われながら結構上手に出来たなと悦に入ってるところ。 去年途中で止めたカタマランの経験と今やってるディンギー製作が結構役に立ちました。
叔父、叔母が我が家に来てくれる予定になってたので間に合わせて見てもらいたっかたのですが 何とか間に合いました。
親父が残していった道具も使って作ったのできっと親父も満足してくれるでしょう。 合掌。


  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/260937

コメント

おお。初めて精霊船を見た!
キャビンがちょっと洋風だね!
屋根のヘリをもう少し大きめにしたら和風になりそうだけど。
みよしも手作りなの?それともそういう作成セットが売ってるの?

  • Posted by 祥
  • at 2013/08/07 18:42:38

えー、洋風に見える。本当は屋根はお寺の屋根みたいに反りを入れたかったんだけど板が曲がってくれなさそうなのであきらめました。曲がってればもっと和風に見えたのにね。この船、ちょうちんと造花それとモール以外は全部手作りです。みよしは厚紙とずーっと以前にハワイ旅行のときにもらったゴザを使いました。
結構よくできたんで、親父には浮き袋渡してこれ家に置いとこうかしら。 ま、そうゆうわけには行かないか。

  • Posted by Tomi
  • at 2013/08/08 01:00:36