無料のOSMからのデータでもナビはしてくれそうなので今度はスペインの地図をセットして宿泊予定の宿を検索してみました。でも出てきません。
POI(Point of Interest)のデータが少ないのかもしれません。
ちょっと不安が残るのでGarminのサイトからヨーロッパの地図データを買うことにしました。
ダウンロードで簡単に買えるかと思ったらなかなかこれが大変、買い物籠に入れてチェックアウトしようとするとGSP本体をPCに繋げと言ってきます。 受注前にちゃんと使えるのか確認してくれるわけですが、繋いだら今度はブラウザにGarminの機器と話す為のプラグインをインストールしてくれだって。 
はいはい判りましたってインストール、でもブラウザのプラグイン許可設定を行わないと動いてくれません。 FireFoxをつかっていますがアドオンマネージャーを開いて許可。
これで終わりかと思いきやまたまたGarminExpressなるアプリをインストールしてGPS本体を登録しろだって。 あー、面倒、はいダウンロードしてインストール、アプリを起動したらUSB経由でGPS本体の機種名、シリアル番号、その他をチェックしてくれ、メールアドレスを入力して登録完了。
この時ファームウェアーのバージョンをチェックしてくれ古かったのでアップデートしておきました。
手元にはnuvi205とnuvi1462の2機種ありますがnuvi1462のほうは認識してくれずどうやら日本専用機種でガラケーならぬガラGPSのようです。
nuvi205は認識してくれたのでこれでやっと注文を受け付けてくれました。

さて受注の確認メールが届きGPS本体をPCに繋いでダウンロード開始、ここでまたしても問題発生、ファイルサイズが大きすぎてGPSのメモリー容量をオーバー、メモリーが足りませんとの警告が表示されました。
なんとファイルサイズは3.5Gbもあります、メモリー残量は0.5Gb、まったく足りません。
PC上にダウンロードしてくれればいいのに直接機器にしかダウンロードしてくれないようです。
GP本体には拡張メモリー用のμSDカードのスロットがありますのでここに追加メモリーをさせばGarminサイトから認識してくれます。
残念ながら手元には2Gbのメモリーしかなく、電気屋さんから8Gbを買ってきて挿入。
でもファイルが3.5Gbですから我が家の回線15Mbpsでは相当に時間が掛かりそうです。
ダウンロード状態を示すグラフがなかなか進みません、一晩そのままにしておけば何とかなるかもと思ってそのままにしてみましたが、こちらは良くても相手方はそんなにつきあっていられるかってな感じでセッションを終了してしまいます。
あー、ここまで来たのに万事休す、100Mbpsの高速ラインじゃないとダウンロードは出来ないのかも。
ここまで夜更かししたのに大ショック、しっかり酒飲んで寝ちゃいました。



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/270378