久しぶり出航1 久しぶり出航2 3日ほど前ですが超久しぶりに船を出しました。
今度こそ魚を上げるぞと思い前日に100均ルアーを数種類購入、夜のうちに軽トラの荷台に船その他を積み込み準備を済ませました。
朝5時半ごろに出発、100均のルアーだけでは本当に食いついてくれるのかちょっと心配だったので途中にある釣具屋でルアーを買い足して港へ。
早起きしたつもりでしたが、私よりもお天道様がもっと早起きのようで準備して船を出すときにはかなり高いところまで昇っていました。
魚を狙うにはもっと早起きが必要なようです。
それでも船を出したあたりで水面を泳いでいる小魚に大きな魚が水音を立てて食いついていたりしてちょっぴり期待したんですがーー。
ゴムひも ポイントへはパドリングで行きましたがちょっと油断すると舵がとんでもない方向に向いたりするので「えい、このやろー」とゴムひもで引っ張ってしまいました。 これ大正解、帆走時も含め進路保持がずいぶん楽になりました。

錨を下ろしてしばらくキャスティングしましたが何も食いついてくれず諦めて(諦めが早すぎるかも)セイリングに切り替え沖にある無人島まで行ってみました。
無人島上陸
この島の周囲は岩場でしかも島全体が立ち木に覆われているので上陸しても遊ぶところはありません。
サザエか何かいないかしらと思いつつ近くの岩伝いに見て回りましたが都合よく岩の上から手を伸ばして捕れるようなとこにはいないようです。
岩伝いに渡っていたらバランスを崩して海にドボン。
幸い、岩場の隙間の浅い部分ですからすぐに立ち上がることが出来ました。
さて心配なのはポケットに入れてた携帯とカメラ、すぐに取り出して乾いたタオルで拭きました。 外は濡れていますが水没と違って中には入っていないようです(そう願いたい)。
無人島記念撮影 とりあえず動くのを確認して記念撮影を済ませて島を後にしました。
帰りはもろ向かい風、港の方向から風が吹いてきます、おまけに午後になって少し風も強くなってきました。
テルテールを見ながら帆を調整してみると、裏表とも同じように流れるところは結構スピードが出てくれます。 どの程度の角度で上ってるのかよくわかりませんがあっちに行きたいと思って角度を欲張ってしまうと途端に走らなくなってしまいます。
ある程度スピードが出てくれる角度でタックを繰り返しながら後ろをみるとだんだん島が遠くなっていくので角度の大小は別にしてそれなりに上ってはいるようです。
最初に作った帆の時は同じ場所を行ったり来たりするだけでしたからね。
ただ帆の後端(リーチって呼ぶんですかね)がバタバタとうるさいので何か対策が必要みたいです。 バタバタいってるってことは効率が悪い証拠かもしれません。
それと膨らみの中心も今は真ん中付近のように見えますのでもう少し前1/3くらいににあったほうが良いような気もします。
ヨットに詳しい方、ご教示ください。

真向いの風でしたが今回はエンジンのお世話にならずに無事帰ってきました。
それにしても携帯とカメラ、海水の塩分による後遺症が出なければいいんですが。




 

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/271293

コメント

こんばんは。凄く楽しそうです!
長崎は無人島が近くにあるのですね〜
奈良は内陸なので、新鮮です。

  • Posted by 森 吉之介
  • at 2016/04/06 21:28:10

森さん、訪問有難うございます。

はい、海も近くお弁当+ビールをお供に結構楽しんでいます。
これで宝島伝説があるような洞窟つき無人島があればもっと面白そうですけど。
もっともこの小さな船では行ける距離はたかが知れていますが。

  • Posted by Tomi
  • at 2016/04/07 00:17:24