DSCN4682 取り外していたダガーボード、今日溶融亜鉛メッキをやってくれる業者さんに持って行きました。
手はずとしてはサンドブラストを掛けて溶融亜鉛メッキとなるのですがこの表面状態、凸凹でクレーターだらけの月の表面状態です。
溶融亜鉛が少しは凸凹を均してくれるとは思いますがどんな状態で帰ってくるんでしょうね。
ま、真っ平ってことは無いでしょうからパテあてを計画しておいた方が良さそうです。
亜鉛メッキにしっかり密着してくれるパテを探さなきゃいけません。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/279043