ダガーボードシャフト防水カップをしっかり押さえるために突っ張り棒のちゃんとした足場を確保しようと船底の局面に合わせたクサビを作ってみることにしました。

DSCN4553  100均で買ってきたプラスティックの箱を使いケース面と平行な面を作り
ここに買い物の時にもらったプラスティック袋をセットして
自動車修理用のポリパテを練って流し込みます。
此処での誤算はポリパテが粘っこすぎてすんなり流れ込んでくれません。
DSCN4555で、ヘラで押し込み袋の上を指で押さえてみましたがーーー。
DSCN4556 DSCN4557 硬化時間を待って引っ張り出した塊がこれ、ちゃんとしたクサビと呼べるような代物ではありません。 東電原発事故の燃料デブリもこんな感じかなと言う形をしています。

はっきり言ってこの実験は完全なる失敗、こんなことだったら実験に使った材料費で上等な焼酎を買った方がましでした。
突っ張ってカップを押さえる防水は諦めです。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/279074