延び延びになっていたエアコン取付用のドアの製作にやっとこさで着手しました。
完全にプランが出来上がっているわけではないのですが作りながら考えようということで見切り発車です。

DSCN4767まずは骨組みの製作からです。
材料は30x45mmの杉材、本当はヒノキを使いたかったんですがホームセンターにこのサイズのものが置いてなかったんで杉になってしまいました。

外枠を既存のドア寸法と同じに切り出し内側の補強はほとんど現物合わせです。エアコン取り付け部分からスタート次はドアノブ取り付け部分とその都度切り出していきました。

さて明り取りの窓を開けようかどうしようかと悩んだところで晩酌タイムになってしまい今日はここまで。
この写真は途中経過というところで完成形ではありません。
今日は嫁さんと日帰り温泉なんぞに行ってきたので始めるのが遅かったんですよね。

さて明り取りの窓なんですが取り付けるとなると枠も余分に要るしガラスの取り付け方法だとかおまけに防水とか考えなきゃいけないんで面倒くさそう。
できればスキップと行きたいんですが入り口付近が暗くなりそうなのとドア開け閉めの時に向こう側に人がいるかどうか確認が出来なくなるのでちょっと悩んでいるところです。
やっぱりここで頑張っておいたほうが後々後悔しなくて済みそうな気もします。
焼酎をお供にもう少し考えますかーー。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/280385