• 19件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

28/2/2013

船を作ろう 銅線取り外し

  • Tomi
  • 2013/2/28 01:02:31

 銅線 補強部材の接着が終わったので、本格的に銅線で縛っているベニヤ板間の接着です。この接着いろいろなやり方があって、
1、銅線ごと上から接着剤のパテ付け(フィレッティング)してしまい船体外側に出ている部分だけニッパーで切り取ってしまう方法。2、パテが固まった後でガスライタなどで銅線''に熱を加えてペンチで引っこ抜く方法
3、銅線と銅線の間をあらかじめ仮接着してこれが固まってから抜いてしまいその後本接着す…

続きはこちら

  • コメント (3)
  • トラックバック (0)

船を作ろう クランプ

  • Tomi
  • 2013/2/28 01:00:00

100均クランプここでちょいとクランプの紹介クランプは100円ショップで大中小のサイズをたくさん買い込んできました。これはいろいろな作業に重宝しています。ただガンネルのように長いパーツを一度に押さえる必要がある場合は手持ちのクランプだけでは足りません。ガンネル取り付け3そこで、塩ビパイプを買ってきて、これからクランプを切り出します。まず、テーブルソーで長さ方向に一気に切れ目をいれて、その後1cm幅くらいの輪切りにします。これで視力…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/2/2013

ガンネル取り付け船首と船尾のコーナーの補強板を接着したら次はガンネルの接着です。日本語で舷側厚板(聞いたことない)、カタカナ言葉でガンネル、英語で書くとgunwale、ちょいとしつこいかな、語源は昔はここに銃をおくため厚い板を付けたことからこの名前が来ているようです。ガンネル取り付け2 もっとひらたく言うと船べりの補強板ですが、やはり他の言葉と同じでガンネルなる呼び方が一般化しているようです。ベニヤ板のままでは船べりがぺこぺこと弱…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
補強板船はベニヤ板製なので補強が必要です。(合板なんて呼び方はなんとなく私にはしっくり来ません。ご幼少のみぎりからベニヤ板の言葉が身についていますからね。)
船首部分の補強材はBreast Hook、船尾コーナーなどの角っこの補強材はQuarter Knee, 舷側の補強材はGunwaleと英語では呼ぶそうですが日本語ではなんと言う固有名詞があるのか分かりません。木造の和船はいまや作っていないし、ヨットの…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

23/2/2013

車 エンジンから異音

  • Tomi
  • 2013/2/23 22:00:00

オイルタンクパワステオイル レベルゲージパワステオイル




続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

22/2/2013

車 紹介

  • Tomi
  • 2013/2/22 00:31:04

ML270我が家の車はベンツのML270なる古い車です。2010年春にアメリカから帰ってくる直前に中古をインターネットで購入しました。 ディーゼルのSUVの新車にしたかったのですが当時はこれといったものが無く、(今だったらマツダのCX-5がありますけどね、) 帰国で物入りが多いこともあって中古を探すことに、ディーゼル、4WD, SUV, ただし本格的オフローダーは除外、との条件で結果的にこの車にたどり着きま…

続きはこちら

  • コメント (4)
  • トラックバック (0)
船首水平船尾水平
バルクヘッドの作り直しも終わり、船体に取り付けました。
やっと接着の作業に移れます。
合板の合わせ目にエポキシ接着剤のパテを付けていくのですが(フィレッティングと呼ばれています。)この作業を行う前に船体のゆがみが無いように馬を調整しなければなりません。
船首のほうと船尾のほうに棒を渡してこれが平行になっていればゆがみはOK。 ただ少し距離を置いてから見ないと見づらいのですが、作業場が狭く距離が取れません…

続きはこちら

  • コメント (4)
  • トラックバック (0)

16/2/2013

バルクヘッド隙間何とか舟の形になったけど、やっぱり気になるところが有って、前半分の船底合わせ目がちょっと大きめ、船首部バルクヘッドと側板との間に結構大きな結構大きな10mm近い隙間が、ワイヤーを力いっぱい絞めこんでみても(切れてしまう銅線もあったりして)なかなか近づいてくれません。
エポキシで埋めれば何とかなるかなとも思いますが、そこは根が家具職人の息子、なかなか「ま、いいか」の気分にはなれません。ワイヤーを目いっ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/2/2013

舟全体船首から始めてバルクヘッドを組み込みながら徐々に船尾のほうへ進んでいきます。船首のバルクヘッドが第一難関、船首部の板の曲がり具合と合わせ目の隙間の状態を見ながら取り付けていきます。曲がり具合が良くなさそうなときは、また外して船底の切込みを増やします。力いっぱいに船底を広げながら押し込まないと収まってくれないため、繰り返しのたびに嫁さんの体重のお世話になりました。嫁さんが上で押さえつけて私が船底のし…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
船体さて、小物も一段落して船体の組み立てでも始めようと まずは作業台の上を整理して予め切り出しておいた船体を台の上に乗っけます。
この船体は事前に船首部分でサイドとボトムをグラステープとエポキシで接続してあります。
このまま銅線で左右を縫って広げれば船体の出来上がり、となるはずでしたが、残念ながらあえなくグラステープは破断してしまいました。
嫁さんに手伝ってもらい銅線で底の部分を縫った左右の船体を広げます。…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
  • 19件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ