• 20件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

31/5/2016

昨日グラッシングしておいた反対側、朝飯後くらいに見てみるとほぼ硬化完了の感じ。
ただしっかり硬化していないと整形がやりづらいのでお天道様の力を借りてしっかり硬化させることに。
DSCN4136 DSCN4137 車庫から引っ張り出して軽トラの荷台に置き、ビニールシートで覆っておきます。 あ、当然日向ですよ。
こうしておけば中の温度は50度近くまで上がります。
化学反応は10度上がるごとに倍の速度になりますから50度だと20度のときに比べ…

続きはこちら

  • コメント (1)
  • トラックバック (0)

30/5/2016

さてどうしようかと悩んだグラッシング(グラスファイバーを貼り付けてコートする処理のことです。)この際だからやっておくことにしました。
DSCN4118
エポキシを2度塗ったバウスプリットを馬の上にのっけてガラスクロスを広げてみます。
DSCN4119 馬の上にはエポキシがくっ付かないビニールを敷いておきます。
バウスプリットに馬がぶら下がってしまったらみっともないですからね。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

28/5/2016

穴位置の確認が済んだので塗装開始です。
まずはエポキシでコートします。

DSCN4106 DSCN4107 バウスプリット全体を一度に塗りたいので車庫の天井からボルト穴を利用して吊るしました。
エポキシは今回はコニシボンドのE206を使ってみることにしました。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/5/2016

下穴の準備が整ったので今度はボルト穴を開けてボートの穴と合わせてみることにしました。
塗装を済ませて最後に空けるのが理想ですが穴位置がとんでもなくずれていると修正が大変になりそうなのでまず確認から。

  DSCN4103 今回もドリルガイドを使っての穴あけ。
それでも穴の長さが長いので反対側ではちょっとしたずれが大きくなって真ん中に出てくれません。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/5/2016

さてあらかた成形が終わったバーチ合板バウスプリット、今度は取り付け穴の下準備です。
この材料、腐朽に対してはあまり耐性が無いとのことなので防水が重要、 外側をコーティングしていても取り付けボルトの穴も防水しておかないとここから侵入した水でやられてしまいますからね。
対策としてボルト穴とかネジ穴の部分をすべてエポキシで防水処理をしておくことにしました。

作戦はボルト穴、ネジ穴予定部分に大き目の下穴を開け、…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/5/2016

積層していたバーチ合板を切り出して鉋掛けまで終わりました。
手鉋では歯が立たず苦手な電動鉋を使いました。 なかなか思うように削れないんです。
DSCN4082ま、何とか削りましたが それにしても この写真のトラの尾マークが面白いでしょう。
バーチ合板は接着剤にフェノール樹脂が使われていてこいつが濃い茶色なので板を斜めに削るとこんな風に等高線が出てきます。(以前書いてた紫は間違いでした)
均等に削れないとこの等高線が真っ直…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/5/2016

頼んでおいた15mmバーチ合板が届きました。
これ大きくて重いんです、1220X2440mm28kgです。
DSCN4072 一人では動かせないので嫁さんの手を借りて車庫の中に運び込み鋸馬(ソーホース)の上に載せてました。
立てた作戦は、まずは1枚分を罫書きしこれを切り出し、切り出したぶんをテンプレートにして残りを罫書いて切り出し、最後に張り合わせ。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/5/2016

 
本来は次の船を自作する為のお勉強にと思って入手したSB2、お勉強以上の苦労が必要なようです。 いったい何時になったら動き出すことやらーー、やれやれ。

さて、腐朽して使い物にならなくなったバウスプリット、採寸したら2100X160X90mm、船の上では小さく見えますが家に持ち帰ると結構大きいです。
同じチーク材で作り直すのが正攻法なんでしょうが現在ではこのサイズのチーク材を購入するのは難しいようで、…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

20/5/2016

SB2 今度は燃料漏れ

  • Tomi
  • 2016/5/20 23:36:00

冷却水の水漏れ処置が終わってやれやれと思いながらエンジン周りを眺めていると今度は燃料が漏れているのを発見。 
えーまたかよー、って感じです。
DSCN4050 タンクからきている銅パイプとエンジン側燃料ポンプへのゴムホースを接続している部分から漏れています。
量は少しなんですが漏れてる液体が燃料だけに「ま、いいか。」で済ますわけにはいけません。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

19/5/2016

DSCN4045マストを倒している際にとのことで風見を取り付けました。
風向風速計パイプ どうやって取り付けるか悩んだのですが古い風向風速計のセンサーを取り外した後今は使われていないパイプを利用して取り付けることにしました。 
マストの天辺から斜めに出ているパイプがそうです。
DSCN4043 まずは短く切って、その後ドリルで取り付け穴を開けました。
残念、ネジの長さが短くて出てきません。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 20件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ