• 18件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

31/8/2016

コーナーとかベニヤ板接続部のエポキシパテあてまで終わっていたのでカンナ、グラインダ、サンダーなどを動員して角を丸めてグラッシングの準備。
DSCN4278 壁のアルミパネルは薄いのでカンナでも簡単に削ることが出来ました。
DSCN4277DSCN4280 ここまでは順調と思ていたら、あららフロントカウルのコーナーは削りすぎて穴が開いてしまってまたエポキシパテで埋めなきゃいけなくなってしまいました。 一晩硬化を待って再度丸め直して整形完了。

これでや…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/8/2016

屋根板の継ぎ目とコーナーにエポキシパテをあてました。
最初は計画通りにベニヤ板の継ぎ目、コーナー部分にパテをあてていたのですがだんだん欲が出てきて側面アルミパネルの腐食した部分だとか凸凹が大きい部分までパテあて拡大。
結構たくさんのパテを作って当てました。
ただ暑さのため硬化時間が早く慌てて作業をしたのでパテの凸凹が多く、平らにするには苦労をしそうです。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/8/2016

DSCN3571 DSCN3573 屋根の作業の途中なんですが通りかかった嫁さん以前から後部中央の窓ガラス(プラスティックです)が割れてるのがが気になってたらしく「これどうやって交換するの?」って質問。
二人でああでもないこうでもないって話しているうちにとにかくゴムシールを引っ張ってみようということになり ガラスとゴムシールの間にスクレイパーを突っ込んで思いっきり引っ張ってみたら意外と簡単に外れてきました。
DSCN4270 このゴムシールL型断面…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/8/2016

P8250076 今日は午後から用事があるので朝の間に、と言っても10時過ぎです、昨日張った屋根板とフロントのカウルを接続することにしました。

P8250077 まずは穴あけ作業から、もともと有った穴はこんな風にボロボロの状態、この穴はあまり使う気がしないので新しい穴をあけました。
P8250080 P8250079 使うネジは3mmの皿ネジなのでまずは2mmのドリルでカウルから下の梁まで通しの下穴を開け、その次にカウルのほうだけ3.2mmのドリルで穴あけ、最後に…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/8/2016

P8240071 やっと屋根のベニヤ板を張ることが出来ました。
ま、ベニヤ板を所望の大きさに切って張るだけなんですけどね。
修理を開始したのが7/28ですからもう少しで一か月、なんでこんなに長くかかるんでしょうね。
悩んでる時間が多くて手を動かしてる時間が少ないのが一番の原因ですが、この暑さとやぶ蚊も原因の一つです。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/8/2016

トレーラー 屋根張り下準備

  • Tomi
  • 2016/8/23 23:19:00

盆も過ぎたというのにまだ暑い!
暑いのでなかなか外に出る気がしないのと、出ても暑さで思考能力が低下して悩んでいる時間が長く作業がはかどりません。

屋根は4mm厚のバーチ合板を張り この合板を張った後にこの上からガラスクロスとエポキシでコーティングする予定です。
この合板、通常のラワン合板に比べて強度が高い上に耐水性も高いので船の材料としてもよく使われます。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/8/2016

断熱材も入れてしまったし今度は屋根のベニヤ板を張る番ですが四隅の処理方法がまだ決まっていません。
相手が分からなければ最適な処理も分からないということで4隅にある縦のモールを全部取り外してみました。
P8160020 P8160023 P8160024 本当は取り外してしまうとまた雨仕舞をやり直さなきゃいけないのであまりやりたくはなかったんですが毒を食らわば皿までの心境。
ま、取り外す前はどうしようか悩みましたが外してしまったらすっきりしました。
P8160017 外…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/8/2016

SB2 ウィンチ修理

  • Tomi
  • 2016/8/20 22:26:00

ウィンチ整備
SB2には3つのウィンチがありますがまともに働くのは1個だけ、2個はどちらに回してもラチェットが掛からず動きも重たくなっています。
これでは帆走出来ないので修理しておくことにしました。

DSCN4189 まずは海側に部品が落ちないように衝立をたてておきます。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

19/8/2016

その次がエンジンのアイドリング調整
DSCN4184 DSCN4186 アイドリングが低すぎるのかエンジン始動の時にいったん起動するものの回転が下がってエンストしてしまったり、 アイドリング状態でクラッチを接続から切った状態にしたときにエンストすることがあります。
おかげで初めての着岸の時にエンストして岸壁にゴッツンコしてしまいました。
クラッチを切ったとき、つまり負荷が軽くなったときにエンストするのはガバナーのアンダーシュート(負荷…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

18/8/2016

ヨット 過去記事

  • Tomi
  • 2016/8/18 23:08:39

ヨットはどうなったって思ってる人もいるかもしれないので旅行から帰ってやったことを紹介、書く暇が無かったんですよね。

DSCN4067 P7180112 まず最初にやったことはハッチのアクリル板の交換とゴムパッキンの交換。 
アクリル板は小さなひび割れがたくさん入ってて透明度を失いおまけに枠との間のコーキングが切れていて雨漏れを起こしていました。
パッキンも弾力を失ってぽろぽろ状態でここからも雨漏れしていました。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 18件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ